Tバック男爵がメンズTバックについて語るブログ

男だってTバックを穿いて楽しみたい!

青の迷彩柄のメンズGストリング下着をリメイクしたのでレビューします。

f:id:search_life_work:20180526134329j:plain

3度目の正直ということで、今度こそレビューします。
少々長い道のりでした。

第一回目「青い迷彩柄のメンズGストリング下着を購入しました。」

t-back.hatenablog.com

 

第二回目「Gストリングの紐の長さをリメイクしたよ」

t-back.hatenablog.com

 

まさか自分でサイズを直すことになるなんて思ってもみませんでした。

 

それでは「青の迷彩柄のメンズGストリング」を穿いてみた感想をつらつらと書いていこうと思います。

改めて。
購入したのはこちらのGストリングになります。

 

さて、レビューをしていく前に注文していた「Sサイズ」も届きましたので、紹介しておこうと思います。

個人的には「Sサイズが届いたよ!サイズが小さくて穿いてみるとピッチピチになるよ!」というのを期待していたのですが・・・。 

f:id:search_life_work:20181102000515j:plain

写真上段が私がリサイズしたGストリングです。
サイズ(紐の長さ)はジョーシュナイダーのGストのMサイズを見本にしました。

写真下段が今回届いたSサイズのGストです。

お分りいただけますでしょうか?
Mサイズとして調整したゴム紐よりもSサイズの方が大きいということが。
こんなのって・・・・・。

ものすごく残念な気持ちになりました。
もっと小さいのを期待していたので、見事に期待を裏切られてしまいました。

でももうめんどくさいのでリメイクしません(笑
ゆるーく穿けるので、ゆるーく穿きたい時に穿こうと思います。
けっこうヌーディーな感じに穿けますよ。

 

レビューは一応このSサイズを基準にしていきたいと思います。

 

着用後の評価 

色・デザイン

Gストリングが欲しかったですので、「ああ、ちゃんとGストの形だな」というデザインです。
迷彩柄というのも男らしくていい感じです。
色の発色も落ち着いています。元気の良い発色を期待するとちょいと違うじゃないの!?となります。

個人的にちょっと面白いなと感じている部分が1つあります。
リメイクしてしまった方では出来ないのですが、腰紐がフロント生地のセンターで止まっています。フロント生地の両サイドは巾着袋のようになっています。
言葉で伝えにくいのですが、フロント生地の両端はセンターに向かってキュッとさせることが出来ます。
すると、股間の部分を本当に包み込んでくれているような状態になります。

セクシー!!

評価:◎

 

通気性・吸湿性

フロントの部分にしか生地がありませんので、お尻や腰回りはスースーです。
さすがのGストです。
生地のある部分だけは少々蒸れます。
こればかりは仕方ありませんね。どのTバックでもだいたい同じような感じになります。

評価:○

 

サイズ感

申し訳ないのですが、サイズ感には×を付けざるを得ません。
Sサイズを頼んで、このようなゆるゆるな感じですと、かなり問題だと思います。
フィット感のあるサイズになってくれていたら文句ありませんでした。

評価:×

 

生地の質感・伸縮性

生地の質感はさらさらとしていて良い感じです。
素材はポリアミド(ナイロン)90%、エラスタン(ポリウレタン)10%です。
伸縮性は程よい感じにあります。
めちゃくちゃ伸びたりはしません。

評価:○

 

穿き心地

はき心地の評価は正直難しいところです。
自分でゴム紐を縫い直してリサイズすればいい感じに穿けます。
しかしそれが手間ですし、巾着袋システムが失われてしまいます。
その喪失感は大きいです。
かといってリサイズしないまま穿くと、ゆるーい感じになります。
オフの日に穿くなら良いのではないでしょうか。

評価:△

 

 

今回のGストのレビューはこのような感じになりました。
キュッと穿けるGストを期待していただけに、このゆるーい感じは予想外の展開でした。
こういうこともあるのだなと思いました。
おかげで3回にも渡り記事を更新することになりました(笑

長い戦いが終わりました。

 

それではみなさま、今日も楽しいTバックライフを♪

 

 

 

Gストリングの紐の長さをリメイクしたよ

f:id:search_life_work:20180526134329j:plain

今回のお話は続きになっております。
前回の記事がこちらです。

t-back.hatenablog.com

 

 

新しくGストリングの下着を買ってみたはいいものの、注文サイズを間違えて購入してしまった私。
Mサイズで買わないといけないところをLサイズで買ってしまいました。
ゴム紐の長さが長すぎてゆるゆる、ダルダル。
これは失敗、、、だったけれども、せっかく購入したものなので、試しに紐の長さを調節してみることにしました。

 

今回はそういうお話です。

 

それでは頑張ってリメイクしてみよう!レッツトライ!

 まずはフロントの生地部分から見ていきましょう。

f:id:search_life_work:20181018220635j:plain

ゴムが伸びた状態の時(穿いた時)に生地が張るようにしたいので、少したわみをもたせておきます。
目印に待ち針を刺して固定しておきます。

 

f:id:search_life_work:20181018220829j:plain

裏返してゴムが付いている位置を確認します。
お尻のゴム紐は見えるところに直縫いされていますが、腰ゴムは中に入り込んでセンターで縫われています。
これはどうしようもないので、端部で切断することにしました。
なるべくハサミを中に入れて切断します。

 

f:id:search_life_work:20181018221030j:plain

ゴムを切断しました。
これでリメイクが失敗に終わったら悲しい結末を迎えることになりますね。
そうならないように頑張ります。

 

f:id:search_life_work:20181018221112j:plain

ゴム紐の長さを調節したいと思います。
見本にしたのはジョーシュナイダーのGストリングです。
横に並べておいて、ゴムの長さを程よいところで切ります。
まずはお尻に掛かるゴム紐を切りました。

 

f:id:search_life_work:20181018221214j:plain

次に腰に掛かるゴム紐の長さを測り切りました。
これでゴム紐の長さの調節は完了です。
それでは各部、順番に縫って行きましょう。

 

f:id:search_life_work:20181018221332j:plain

まずはお尻に掛かってくるゴム紐から縫って行きます。
元々付いていた位置の真隣りに置きました。
運よく水色の糸を持っていたので、それを使用します。
手縫いでチクチクとやっていきます。
綺麗に縫うことは難しかったですが、なるべくキツク縫い付けることに成功しました。

 

f:id:search_life_work:20181018221547j:plain

次に腰の部分のゴム紐を縫っていきます。
途中でマチバリの先っちょが指に刺さって「痛っ」となることがありました。
みなさま、お裁縫は気を付けてくださいね。
少々苦労はしたものの、腰のゴム紐も2本とも無事に縫い終わりました。
軽く引っ張ってみましたが、縫った部分がちぎれてくるということはありませんでした。

 

f:id:search_life_work:20181018221826j:plain

長さがちゃんとあっているか、見本と並べてみました。
まだ、少々長かったみたいです。
ですが、随分良くなりました。

これは穿けるんじゃないでしょうか??

 

実際に穿いてみました

上手く直ったかどうかなんて、穿いてみないと分からない!
ということで、直してすぐに穿いてみました。

なんと!!

ピッタリ!!

キツクも無くゆるくもなく、ピッタリ!!

キュッとなる締め付け感は無いですが、本当にピッタリとした穿き心地です。
なんてヌーディー。

これは素晴らしいのではなかろうか。

 

そしてSサイズも注文しているので、それはきっとキュッと穿けるやつのはず。
2本体制。
ぬかりはないな。

 

次回、ちゃんと穿いてみた感想をレビューします。

 

 

 

 

青い迷彩柄のメンズGストリング下着を購入しました。

f:id:search_life_work:20180526134329j:plain

みなさまごきげんよう
Tバック男爵です。

そろそろGストリングを新しく欲しいなと思っていた私。
ものすごく激安なGストリングを発見してしまったのでご紹介したいと思います。
それがこちら。

 お値段なんと約60円+送料!というすばらしく破格なGストリングです。
そんな安くてしっかり穿けるの?穿き心地はどうなの?
という声が聞こえて来そうです。
しかし、この安さなら失敗したところでそんなに痛手にはならないということで実験にはうってつけです。

 

お値段の魅力にひかれた私は早速ポチっとしました。
数日後、自宅に届きました。

 

それでは早速開封していきたいと思います。

 

開封の儀

まずはパッケージを見て頂きたいと思います。

f:id:search_life_work:20181014173332j:plain

表面です。個包装がしっかりとされていて好感が持てます。

f:id:search_life_work:20181014173806j:plain

こちら裏面ですね。

パッケージは写真では綺麗に映っていますが、実はちょっと劣化?というか中古?っていう感じの袋の質感です。
まぁ、その辺は仕方がないことです。

 

パッケージから取り出してみましょう。

f:id:search_life_work:20181014173812j:plain

写真だと発色が明るいですが、実物はもう少し落ち着いた色味です。
生地面積もGストらしい「いかにも」な大きさです。
これは期待値が上がります。

f:id:search_life_work:20181014173819j:plain

横から見た感じです。
ちゃんと袋になっています。

f:id:search_life_work:20181014173826j:plain

生地を触った感じもしっとりサラサラしている感じで、私好みのものでした。

 

重大事件発生!!注文サイズを間違えました

もしかしたらお気づきの方もお見えになられるかもしれませんね。
「ゴム紐長すぎない??」って。

その通りです。
長すぎました。

いつもTバックは自分のサイズよりもワンサイズ大き目のLサイズを買っているので、そのノリでLサイズを注文してしまっていました。

ジョーシュナイダーのGストリングはMサイズでしっかりと購入したのに。
なんたる不覚。
比較した写真を撮ったのでご覧ください。

f:id:search_life_work:20181014173832j:plain

全然ゴムの長さが違いますよね?
いやー、参りました。

この長さのまま一回穿いてみました。
ゴムをどこまで引っ張れば大丈夫なんだ?っていうことをしたら随分と上の方まであげないとダメでした。
カッコ悪い状態でした。

 

金額が金額ですので、Mではなく試しにSサイズにて追加注文しました。
Sサイズは試したことが無いので、結構興味があります。

 

そして、このLサイズのものをどうしようか。
捨てるにはもったいない!紐の長さだけ変えれば穿くことが出来るじゃない。

=リメイク
ですね。

 

次回、「Gストリングの紐の長さをリメイクしたよ」でお会い致しましょう。

t-back.hatenablog.com

 

 

 

 

懲りずにCストリングのワイヤーを調整して穿いてみた。そして・・・。

f:id:search_life_work:20180526134329j:plain

今回のエピソードは前回の記事を受けての流れになっております。
前回、Cストリングを始めて購入して穿いてみたレビューをしてみました。

その記事はこちらになります。

t-back.hatenablog.com

 

結果的に上手く穿くことが出来なくて、とても残念な結末を迎えました。
しかし、せっかく買ったのだからどうにかして上手く穿けないものか?
と思案しました。

そして1つのアイデアが生まれました。
イデアというほどたいしたことではないかもしれませんが、「このワイヤーって調節できないだろうか?」ということです。

まさか、生きている間に下着のワイヤーを調節することと遭遇するとは思ってもみませんでした。

 

気になるのはワイヤーの強度です。
力を入れすぎて折れてしまっては悲しいです。
力加減を調節しながら少しづつワイヤーを曲げていきました。
そして思ったよりも力を入れて曲げていっても大丈夫だということが分かりました。

執念のワイヤー曲げ。
その完成品がこちらです。

f:id:search_life_work:20181018210720j:plain

けっこう丸まったと思いませんか?

綺麗に曲げることが出来てちょっと楽しかったです(笑

 

さて、これでしっかりと安定して穿くことが出来れば言うことなし!!
いざ!勝負!!!

 

おもむろに股にあてがいはめてみました。

 

は、はまった・・・??

 

しかし、体を動かしてみるとやっぱり落下しました。
これは使い物になりませんね。

 

どんなに頑張ってみてもワイヤーの力が弱すぎるという結論に達しました。
ワイヤーにもっとバネ感があって、前後から軽く挟み込んでくれるくらいの力があればいいのに。

 

でも、購入時のお値段がお値段ですので、わがままを言うくらいなら高いのを購入して試してみるか、自分で作りなさい!ということでしょうか。

 

とりあえず、Cストリングを実験的に穿いてみた感想はこれにて終わります。

 

 

それでは皆様、今日もよいTバックライフを♪

 

 

 

刺激が欲しくてCストリングを買ってみました。さてその結果は!?

f:id:search_life_work:20180526134329j:plain

みなさま、御機嫌よう。
Tバック男爵です。

ですが今回はTバックではなくIバックをレビューしてみたいと思います。
カテゴリをTバックにしていますが、今回はIバックです。
ご了承くださいませ。

 

季節も秋に差し掛かってきましたので、冬支度ということで新しいTバックを巡る旅をしていました。
主にアマゾン界隈で。

そして、以前から少し気にはなっていましたが、Tバックじゃないのでスルーしていた下着がありました。
それがIバックです。
Cストリングともいいます。

 パッと見た感じ大人の刺激が強そうな感じです。
なんともいえない高揚感を味わえそうな下着です。
こういう下着が手持ちのラインナップに加わったらもっと下着ライフを楽しめそうだなと思いました。

買いました。

 

開封の儀

Cストリングの下着、到着しました。
非常にワクワクしております。
ですが、お安い感じのものをお試しで買った程度ですので、あまり大きな期待を寄せすぎてもいけませんね。
まずはお試しですよ。

f:id:search_life_work:20181014173303j:plain

このような包装がされていました。
もうグッズ的な扱いですね。バッチリ簡易包装でした。

大きな感動は得られないままパパッと開封です。

f:id:search_life_work:20181014173310j:plain

こ・れ・が!
Cストリングです!
サイズはこのワンサイズのみでした。

思ったより大きいというのが率直な感想でした。
しっかりと装着できるのだろうか??という不安もありましたが、包まれる感じを得られたら幸せだろうなという期待もありました。

f:id:search_life_work:20181014173318j:plain

真横からみた感じですね。
フロントに袋があって、お尻の割れ目に沿ってワイヤーがついている感じです。
腰紐はありません。
腰はヌードですね。

f:id:search_life_work:20181014173323j:plain

斜め後ろからみた感じです。
カポッと嵌めるイメージです。穿くというよりも、装着するという表現の方が正しい気がします。

それでは試着と評価をしていきましょう。


 

着用後の評価

色・デザイン

色は落ち着いたブラックを選びました。他にも紫とかありましたが、今回は黒を選ばせて頂きました。
デザインは見ての通りのCストリングです。Iバックです。
大人セクシーさを感じるという点においてのみ高評価を与えることが出来ます。

 

評価:◎

 

通気性・吸湿性

スッカスカなので通気性抜群です。密着感がありません。
蒸れとは無縁な感じがしました。
さて、ここで私がスッカスカという表現をしたことを覚えておいてくださいね。

 

評価:◎

 

サイズ感

大きいです。
間違いなく大きいです。そしてフィットしません。ぶかぶかです。
ワイヤーがキュッと締め付けてきてバッチリフィットしてくれることを期待していたのですが、全然ダメです。ユルユルです。
動くとすぐにズレてしまって落ちます。
日常使用などもってのほかです。
パートナーがいらっしゃる方はお楽しみに使うのがちょうど良いです。
アレが大きくなった時はその膨張で引っ張られて装着が外れます。

試しにワイヤーを少し内側に曲げてみましたが、残念ながら意味がありませんでした。

私が痩せ型の体型でほっそりしているからフィットしないだけなのでしょうか?
体型ががっちりされてみえる方ならしっかりと装着できるのかもしれませんね。

大きさよりもワイヤーが弱すぎるということのほうが問題かもしれません。

 

評価:×

 

生地の質感・伸縮性

生地は私の大好きなスパンデックスです。
サラサラの質感の上、伸びも良いです。
せっかく良い生地が使ってあるのに・・・それを存分に楽しめない虚しさ。
そして袋が大きめに作ってあるので、生地によるフィット感も得られることはありません。

評価:生地はいいよ。しっかり穿ければ楽しいよ。きっと。

 

穿き心地

ワイヤーがゴワつきます。
特に股の間の部分に異物感があります。
しっかりと装着できていて、全体的にワイヤーが密着していればそうでもないのかもしれませんが、いろいろと不安定です。
なんとか引っかかっているなという時もあれば、あー落ちたな、となるときも。
外を歩けたものではありません。
外出先で外れた時にトイレに駆け込んで直すことが出来れば・・・・・いや、家から出る前に家の中の移動だけでもう落ちると思います。

そのくらいすぐに落ちます。

座ったり立ったりの動作の時もズレやすいです。
つまり動いてはいけません。
外れかかっている時に勢いよく座ってCストリングのワイヤーの先が肛門に刺さった・・・なんていう笑えない冗談が起きないように注意が必要です(余程ないとは思いますが)。

 

とりあえず勃ってしまった時点で一発で外れてしまいますので、仙人モードが必要です。頑張って耐えてください。
どんなときでも興奮してはいけません。
なんか昔そんな漫画があったような気がします。

 

評価:×

 

 

終わりに

せっかく楽しみにしていたCストリングですが、残念な結果に終わってしまいました。
もっとぴったりとフィットしてくれよ!!と叫びたくなってしまいました。
平常時なら多少は落ちずに穿けている感じの時もあるのですが、まだ検証不足なところもあります。

折をみて、また懲りずに挑戦してみようと思います。
何かコツがあって、うまく穿きこなすことが出来れば一歩前進!?でしょうか?

まだまだ購入したばかりですので、もしこれに慣れてうまく穿けれるようになったら良い感じの高揚感を得られるかもしれませんね。

 

もしよければ、皆様もお試しください。

 

Gストリングを特別扱いすることで、穿いたときの高揚感を楽しむ

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

今年の夏は青いTバックを穿いて楽しんだTバック男爵です。
皆様ごきげんよう

秋も深まってきたかなと思いきや、日中はまだ28度を記録するような暑さのときもあり、体調がおかしくなりそうですよね。
皆様も体調管理などお気をつけ下さいね。

 

突然ですが、みなさんはお気に入りのTバックはどのようなものにしていますか?
セクシーなものですか?
高かったものですか?
穿きやすいものですか?
お気に入りの柄のものですか?
どれを選んでも正解ですし、そのどれをも持ち合わせて良いのですが、その中の1つにGストリングを私は選んでいます。

 

Gストリングは気持ちを昂らせたいときだけ穿くことにした

毎日Tバックを穿き続けていると、特別な高揚感というのを得づらくなりますよね?
それがマンネリというものです。
日常使いでヘビロテするものと、気合入れる日用で穿くTバックを分けておくと、気持ちの持ち方が変わってきます。

日常で穿いているTバックを頑張りたい日に穿いてみても、なんだか気分が盛り上がりません。

例えば会議があって頑張りたい日に特別なTバックを穿いて出かけるとしましょう。
「よし、頑張るか!」っていう気分にさせてくれます。

そういう特別なTバックとして私はGストリングを位置付けています。
本当はGストリングもヘビロテしたいのです。
あの紐だけの感じ、あの生地の極小な感じが、穿くと気持ちの昂りを覚えます。
高揚感がハンパない。

しかし人間の慣れは怖いもの。
いつしかその高揚感も味わえなくなってしまうのではないか?
そう危惧した私はGストリングを特別なTバックとして扱っているのです。

 

ハミ毛があったほうがエロい?それともかっこ悪い?

Gストリングのフロントの生地はかなり極小です。
隠されるのは本当に隠さなければならない所のみ、という感じです。
ということは、陰毛の処理をしっかりしていないと生地の周りはボサボサになるということです。
他の記事でも書いていますが、私はそこまで剛毛という感じではありません。
そして今の所脱毛することは選んでいません。
つまりフロントの生地からはみ出ている毛を見せている状態です。
見せるといっても見せるようなパートナーがいるわけではないですけれどね(笑
ただ私は、この毛が見えている状態にセクシーさを覚えるタイプです。

これをダサいかっこ悪いと捉えるも正しい。
はみ毛がエロいと捉えるのも正しい。
価値観次第といったところです。

これに白黒つけたいとなると、激しい論争が繰り広げられることでしょう。

ちなみにこれは私の個人的な価値観ですが、女性がTバックを穿いていた時の陰毛の処理はしてあってもしていなくてもどっちも可です。
どっちも色気を感じます。
そして穿いている下着そのものが色気がないという方が残念感があります。

 

なにはともあれドキドキ感はあるよね

Gストリングは問答無用にドキドキ感を覚えられる最高の下着だと思っています。
とりあえず穿いたらテンションが上がる!みたいな。
即効性のある強力なスパイスです。

慣れてしまってはもうこのスパイスを楽しめない。
慣れないように”とっておき”にしておかなきゃ!です。 

 

Gストリングがもっと欲しい

そろそろ新しいGストリングが欲しくなってきました。
そして普段使いのTバックにも少々飽きてきたところもありますので、普段使い用のTバックも買い足ししたいなと思うようになってきました。

いろいろとまとめ買いをする時期がやってきたのかもしれません。
(私、あまり高級品は買えないので悲しいですけれど)

 

それではみなさま、今日もよいTバックライフを♪

 

 

 

奥様がメンズTバックを理解してくれない!そんな時どうすれば?

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

先日、当ブログの読者の方からこのようなコメントを頂きました。

さて、妻帯者の悩みは洗濯です。
奥様がTバックに理解がないと、会社に持っていって洗濯するワケにもいかないので、コインランドリーに足を運ぶのが一番のようです。
書いていて寂しくなります 皆さんはどうしてるのですか?

記事にさせて頂くことへの許可も頂きましたので、ここで読者の方からのご意見をコメント欄にお寄せ頂けたら良いなと思います。

なかなかメンズTバックという分野が世間に浸透していないので、このブログもたくさんの方に見て頂けている訳ではないのですが、少しでも多くの方に読んでいただいて「どうしているのか?」という問いかけに対してのコメントが頂けると非常に嬉しいです。 

 

さて、ここからは私の想像になるのですが、もし自分の妻がメンズTバックに理解をしてくれなかったらどうするか?というのを書いてみたいと思います。
ちなみに現実の私は独身です。もちろん子供もいません。
ですので完全にフィクションになりますが、お付き合いくださいませ。

 

ある日Tバックを穿き始めたら妻から白い目で見られた

結婚して5年。
妻とこれまで仲良く過ごしてきた。
料理と洗濯は妻が担当、私は部屋の掃除、トイレ掃除、お風呂掃除など、家のメンテナンスを担当してきた。

ある日私はネットサーフィンをしていてメンズTバックという世界があることを知った。
その日は購入せずにパソコンを閉じたが、その衝撃が忘れられなくてずっと頭のなかに残っていた。

これまで私の下着のスタイルは、男性では一般的なボクサーブリーフだった。
特に不便だったこともないし、別に下着でおしゃれ?なんてことも考える余地すらなかった。
だけれど、メンズTバックの世界があるのだと知ったその日から、気になって仕方がないという状態になった。

穿いてみたらどんな感じがするのだろう?
ドキドキするのかな?
妻にも夜の時間に楽しんでもらえるのかな?
いろいろな想像が駆け巡った。

悩み続けて1ヶ月が経った頃、私は某通販サイトでメンズTバックを購入していた。
届くまでとってもワクワクしていた。
いつもネット通販で買い物をしていてもこんなワクワク感は感じなかったのに、何か特別な物を買った時のような楽しさがあった。

そして、ある日の夜。
その日は久しぶりの妻との夜の時間を過ごすと約束した日だった。
先にお風呂を済ませた妻は寝室でくつろいでいる。
私はお風呂から上がり、用意していたTバックを脱衣場で身につけた。
「お、ぴったりだな!これはなんだか楽しいぞ!」と一人その姿に酔いしれていた。
これなら妻も楽しんでくれるに違いない!
そう思い私は寝室へ向かった。

 

久しぶりにゆっくりと過ごす二人の時間。
会話も楽しみ、じゃあいよいよこれからとなったとき。
私のTバック姿を見た妻は目を見開いた。
そしてその後、興ざめしたかのように白々しい目で見つめてくるのだ。
私はどう弁解したらよいのかということだけで頭がいっぱいになったが、弁解も何も悪いことは何もしていないんだし・・・と、頭だけがぐるぐる回転し言葉が何一つ出てこなかった。 

妻は完全に引いていた。
そういう下着には全く興味を示さなかったのた。
せめて笑ってくれたら私も救われたというものなのだが、受け入れがたいものだったようだ。

 

それからと言うもの、妻との行為の日にはTバックを穿くことはなくなった。
しかしメンズTバックの穿きやすさの魅力に囚われた私は日常的にTバックを穿くようになっていた。
そして妻には「下着は自分で洗ってね」と言われるようになっていた。
妻と仲良く過ごしてきた日常に小さな亀裂が生まれてしまったようで、つながりの寂しさを感じている。

私は毎日、自分の穿いた下着は自分で洗っている。
一日の疲れをお風呂で洗い流すと同時に、お風呂で下着も洗っている。
身も心もパンツも綺麗になるということだ。

心の虚しさだけを残して。

 

 

男性の意見も女性の意見ももっと教えて欲しい

如何だったでしょうか?
創作エピソード。

なんとか書けるものですね(笑

  • 既婚されてみえる方でメンズTバックを愛用されてみえる方
  • 妻子持ちの方でメンズTバックを愛用されている方 
  • 旦那がメンズTバックを穿いているという妻の方

この3パターンでどのような意見が出てくるのか非常に興味深いです。

洗濯をする場所、一緒に洗うのか別々に洗うのか。
洗濯を干す場所、外に干すのか中に干すのか、こっそり干すのか。
カミングアウトは?妻だけ?子供にも?それともこっそり??
旦那さんが突然Tバックに目覚めたら、その時妻は!?

というような。

私は結婚をしていませんので妻はおろか子供もいませんし、彼女もいません。
実家暮らしなので洗濯物に下着が出てこないことに親は不信に思っていることでしょうが、きっとばれていることでしょう。
Tバックはお風呂で洗って、自室で干しています。なるべく目のつかないようなところで。でもまあ普通に目には止まるでしょうけれど。

 

このブログがきっかけになっていろいろな意見が集まると嬉しいなと思っています。
ロム専のそこのアナタも!!
ちょっとTバック事情をコメント欄に残してみませんか??(笑

 

 

それでは皆様、今日もよいTバックライフを♪ 

 

夏バテと、体重減少と、そこからの筋トレ。

f:id:search_life_work:20180526134333j:plain
みなさま、お久しぶりでございます。
Tバック男爵です。

かれこれ1ヶ月ぶりの更新となってしまいました。
月に3回程度の更新を目指していましたが目標挫折です(笑
めげずに気ままに更新したいと思います。

 

私、夏の暑さにやられておりました。
ここ最近やっと涼しくなってきて、秋の雰囲気を楽しんでいます。
今年の夏はいつもよりも暑かったせいで、食欲もダダ下がり、体重もダダ下がり。笑いもダダ滑り。笑いは違った。
せっかく増えてくれた体重が、また元に戻ってしまったのはなかなかショックです。
痩せ型体型脱出できず。残念!!
食欲も低下して体もだるさを感じると、動きたくなくなるので自然と体力も落ちてしまいます。

この夏は筋トレどころではありませんでした。
散歩もほとんど行けませんでした。ほとんど・・・というか・・・全然。

 

同僚の男性からは「太らない体質で羨ましいね」なんて言われる私ですが、痩せてる体は少々改善したいと思っているので笑ってごまかしています。

 

ここ数日は雨が続いていましたが、昨日と今日はなかなか晴れ間を覗かせてくれていたので早速体力作りに励みました。

スクワット40回。
ストレッチ。

早速太ももが筋肉痛です。たった40回で。

 

そして駐車場として借りている空き地一帯の草刈りと、家庭菜園の土を耕したり、そこの草刈りもやったりと大忙しでした。

おかげさまで体力を使い切って眠たいです。
一気に体を動かし過ぎてしまいました。

 

体力作りはコツコツやるのが良いと思ってはいるのですが、なんだか毎回一気にやりすぎてしまっていて、三日坊主で終わるパターンになっている気がします。
また地道に頑張りたいと思います。

 

ところで、スクワットしたおかげか、お尻の筋肉がちょうどいい感じに筋肉痛になっていて、お尻のシェイプアップに効果があるなっていうのを感じました。

 

 

 

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

筋トレが最強のソリューションである マッチョ社長が教える究極の悩み解決法

  • 作者: Testosterone(テストステロン)
  • 出版社/メーカー: U-CAN
  • 発売日: 2016/01/29
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

フロントポーチ型のTバックは男性用トイレで用を足した後は少々不便かもしれない

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

みなさん、ごきげんよう
Tバック男爵です。

今日はTバックを穿いていて少々不便だなと思ったことを書きたいと思います。
しかもこれは女性には分からない、男性特有の悩みとなることでしょう。

 

男性ってトイレに行った時、小便であるなら小便器があって、そこでいわゆる「立ちション」なるものをしますよね。
立ちションをして、竿をちょっと振るって滴を飛ばしてから仕舞いますよね?
そして社会の窓を閉じる、と。

この一連の流れの中でTバックを穿いていると不便さを感じてしまうことがあるのです。

 

フロントポーチ型Tバックの弱点

私、最近フロントポーチ型のTバックが好きです。
竿をしっかりと包み込んでくれるホールド感がたまりません。
守られている感じがして安心感もあります。

今年の夏を楽しむ為に買ったMIBOERの青いTバックもフロントポーチ型になっています。 

最初はとても色落ちするので注意が必要ですが、何回か洗えばそれも無くなります。
綺麗な色を残したまま、穿くことができています。
今夏、ヘビーローテーションしています。

 

こういった感じのフロントポーチ型のTバックで外出したとしましょう。
そう、不便さを感じてしまうのはこのフロントポーチ型のTバックを穿いている時に起こります。

外出時「おしっこしたいな」となりますよね?
そして男性トイレに行きます。
社会の窓を開けて、竿を取り出し用を足します。
「あ〜スッキリした」と心穏やかになり竿をTバックに仕舞い・・・。
あれ??うまく入らない・・・。
ポーチに、竿が、入らない。

そこじゃない、そういう向きじゃない。
とモタモタしてしまいました。

私の仕舞い方が下手なだけなのかもしれませんが、ポーチ型の場合は下向きから上向き状態になるような引っ掛ける感じでスルッと仕舞うことができません。
下向きの状態のまま、下向きで綺麗に仕舞わないといけません。

「こ、これは不便だ!!」
と感んじてしまったのはこういうことからだったのです。

今のところの解決策としては、尿意を感じた場合でも小便器で用を足さず、個室の大便器にて小の用を足して、しっかりとポーチ型のTバックに仕舞うということです。

掃除をする方にとっては、小も座ってしてもらったほうが、便器周りが汚れないという理由から好まれるかもしれませんね。
(私はなるべく前に寄って小をするようにしていますが・・・見られるのが恥ずかしいので)

 

思わぬところでポーチ型のTバックの不便さが露呈してしまいましたが、それでもこのTバックのはき心地の良さは素晴らしいものなので、穿くのをやめたくはないです。
これからも穿いていこうと思います。

解決策をご存知の方がおられましたら、コメントをお寄せ頂ければ幸いです☆

 

 

日々の生活のマンネリ打破のためにメンズTバックを穿くという選択肢もアリ!

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

世間はお盆休み真っ只中ですね。
どうも皆様ごきげんようTバック男爵です。

皆様は刺激的なお盆休みを過ごされていますでしょうか?
毎日同じような生活サイクルから解放されて、帰省や旅行、飲み会や会食、逆に引きこもって読書やゲーム。
思い思いの休暇を過ごされていることかと思います。

サービス業の方などは今はお仕事の書き入れ時。
時期をずらしてお休みを取られたり、お盆休みなんて無い!という方もいらっしゃることでしょう。
お疲れ様です。経済を回して頂いてありがとうございます(私は何様だ。。。

 

さて、お盆休みで羽を伸ばしきってリラックスしまくりな皆様は、さぞ仕事に行くのが嫌になってしまっていることでしょう。
またいつものようなライフサイクルに戻るわけです。
そこには刺激もなにも無いルーチンワークだけだという方も中にはいらっしゃることでしょう。
刺激的な仕事をしていて毎日が楽しいぜ!充実してるぜ!なんていう仕事に巡り会えた方はさぞ幸せなことでしょう。
しかし残念ながらそのような人たちばかりではないのです。
何も変わり映えのしない毎日をただやり過ごすだけ。
なんなのこのマンネリ!私の人生こんなんでいいの!?
なんて今にも叫び出したい人もいることでしょう。

そんなマンネリな日々からちょっとだけ刺激的な日々をお求めの方には是非試して頂きたい。

メンズTバックを。

絶対心に何んらかの変化を呼び込みます。
100%です。
良くも悪くも経験として蓄積されることでしょう。
穿きやすい、穿きにくいは穿いてみてから感じてください。

パレートの法則に乗っ取れば、80%の確率であなたはTバックを好きになるはずです!
あえて20%の確率で好きになるなんてことは言いません。
だって夏だから。

こんな激暑い夏にムレムレなボクサーブリーフを穿いているんですか?
太ももに貼り付いてくるトランクスを穿いているんですか?
その不快感でいつまでストレスを感じているんですか?

仕事のライフサイクルは変わらない。
その上、下着の不快感も変わらない。

いや、ここは変えていきましょうよ!
今日の俺は一味違うぜ!なんて思いながらメンズTバックをこっそり穿いて仕事に挑んでみましょうよ!
ちょっとだけ楽しくなってしまうはずです。
私が保証しましょう。
必ず刺激的です。

 

どうですか?
穿いてみたくなりましたか?

私のような小心者でもメンズTバックライフを楽しんでいるんです。
あなたに楽しめないわけがありません!

あなたに必要なのは後はボタンを押すだけです!!
はい! 
お財布にも優しいですよ!

 

 

===編集後記===
すいません。
なんかすいません。
テレビショッピングみたいなノリな文章になってしまいましたね。
書き始めたらノリノリになってきてしまって、そのまま突き抜けてしまいました。
本当はもうちょっと真面目なスタンスで書いていくつもりだったのですが、途中から文章が思い浮かんで来なくなってしまって、セールストークまっしぐらでした。

たまにはこういう感じもお楽しみいただければと思います(汗
こういう日もあるということで。

 

お盆も過ぎれば残暑ですね。
今年のこの暑さはいつまで続くのかわかりませんが、夏バテ真っ只中の私としては、早く涼しくなってくれるといいなぁなんて思っております。

それでは皆様、Tバックを穿いて楽しい夏の思い出をお作り下さいませ☆