Tバック男爵がメンズTバックについて語るブログ

男だってTバックを穿いて楽しみたい!

聖夜にオススメなメンズTバック!夜のお楽しみの時にどうぞ♪

f:id:search_life_work:20171116225219j:plain

 

先日の「彼氏へのクリスマスプレゼントにメンズTバックはいかがでしょうか?」の続きの記事になります。

t-back.hatenablog.com

 


メンズTバックを普及させるためには女性に広く知ってもらい認めてもらうことが大切だと考えた私。
一年の中で一番彼氏と彼女がイチャイチャする日を狙っていこうと思います。
そう、それはクリスマス!!

男性がTバックを穿いて挑んだら女性に引かれた!なんていうエピソードもあるので、逆に!
逆に女性から男性に対して、「今日はこれ穿いてみてよ(ニコッ」ってしてみて欲しいのです!
そしたら男性も穿いてくれるに違いない・・・違い・・・ない?
頑固な男性はちょっと嫌がる??

いや、そこは彼女の頑張りで男性をその気にさせちゃいましょう(笑

お互い楽しい時間が過ごせたら、男性も「こういう下着も悪くないな」って思えるはず!
そしたらメンズTバックが好きになっていくかも!
というわけなんです。


そこで!
クリスマスにカップルで楽しめるようなメンズTバックを私の独断と偏見で、見た目の雰囲気を参考に幾つかチョイスしてみましたので、夜の時間に楽しんで頂けたらと思います。
「本当のプレゼント」は別で用意していると思いますので、こちらのTバックはあくまでも「サポートプレゼント」という感じで^^

 

 

色っぽさを演出するシースルーのTバック

クリスマスの夜なので、気の知れた仲の深い男女は少しいつもと違う演出をしてみるのも楽しいと思います。
いつもは真面目な下着のパートナーに、スケスケの刺激的なメンズTバックは如何でしょうか?

 

 

スマートに気品あるエロティックを体験したいときに

彼氏や旦那さんが真面目で頑固なタイプの時は、あまり過激なTバックに走らずに、落ち着いた雰囲気のあるTバックが良いと思います。
そんなときは少し高級感を漂わせて、男のプライドをくすぐってあげると良いと思います。
・・・といいつつ、下の3つのうち、一番上のは私の趣味でPOP感あるものを選んでしまったという・・・。

(オム)HOM ストリング 40-2204 020 ピンク M

(オム)HOM ストリング 40-2204 020 ピンク M

  • 出版社/メーカー: ROY-NE CO., LTD.
  • 発売日: 2015/10/15
  • メディア: ウェア&シューズ
 
(オム)HOM ストリングス 40-2209  ブラック M

(オム)HOM ストリングス 40-2209 ブラック M

  • 出版社/メーカー: ROY-NE CO., LTD.
  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: ウェア&シューズ
 

 

 

斜めの方向からTバックぞうさんパンツでエロティックに楽しむ

変化球のTバックになります。
二人の時間を楽しむのなら、こういうのもありだと思います。

ですが1つ注意です!
初めて二人の夜を過ごすときには使ってはいけませんよ!!
ロマンスがぶち壊しです!!

お互いが分かり合えている仲でならこういうのもアリだよ♪というチョイスです。

 

(ティーエムコレクション)TM Collection SMF ゾウさん Tバック 557840 012 ベージュ M

(ティーエムコレクション)TM Collection SMF ゾウさん Tバック 557840 012 ベージュ M

  • 出版社/メーカー: TM Collection
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: ウェア&シューズ
 

 

 


いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介したメンズTバックはごく一部ですので、ネット通販などで探してみて「これだ!」というものをプレゼントしてみてくださいね☆
楽しいクリスマスになることを願っています^^

 

あ~、私もプレゼントされてみたい(笑
それでは皆様、今日もよいTバックライフを♪

 

彼氏へのクリスマスプレゼントにメンズTバックはいかがでしょうか?

f:id:search_life_work:20171116225219j:plain

女性にメンズTバックのことをもっと知って欲しい。

そう思うようになりました。

それは「近道」だと思ったからです。

「メンズTバックが社会的に認められるようになること」の。


メンズTバックのことなので、「男性だけが知っていて、男性だけが使えていればいい」という考えはあると思います。
むしろそれが普通だと思います。
女性だって「女性のTバックのことは、女性が知っていればいい」というはずですもんね。
そして実際に男性は女性のTバックのことはほとんど知らないんじゃないかと思います。パートナーが穿いているのを見るくらいでしょうか?

ですが、それは女性のTバックがメジャーだからです。
メジャーなので、使う人だけが知っていれば別に問題ないのです。
もう広まっているのだから。

メンズTバックはどうでしょうか?
男性の中でも限られた人しか穿いていません。
まだまだマイノリティーな存在だと思っています。
女性からみた男性のTバックの好感度はどうでしょうか?
ここに「80:20」の法則を勝手に当てはめるなら、
女性からみた男性のTバックが嫌い=80%
女性からみて男性のTバックは受け入れられる=20%
というような感じでしょうか?
私の勝手な想像です。
※女性にの皆様にアンケート実施中です☆是非よろしくお願い致します!!
アンケート:女性のTバックに対する意識調査


結婚している男性の方は、奥様に下着を買ってきてもらう。
ということが少なくないようです。
紳士の下着売り場でも女性の姿はよく見かけます。
(女性の下着売り場に男性がいると毛嫌いされるのにねw)

言ってしまえば「男性がどんな下着を穿くのかは女性の感性が握っている」ということです!
女性が、「それダサい!」と言ってしまえば、それを穿いていた男性のプライドは折られ「それ以降穿くのをやめて」しまいます。
いくら男性本人が気に入っていたとしても、女性に嫌われてしまっては報われません。
女性にカッコイイと思ってもらいたいから穿いている人だっていることでしょう。

私は女性から男性にTバックを進めて欲しいと思います。
そしたら彼氏や旦那さんだって1度は穿いてみようとするはずです。

決め台詞はこうです。

私がカッコイイと思う下着を買ってきたわ!!あなたこれ穿いてみてよ!!!
そして穿いてくれたら喜んであげるのです。
指差して笑ってしまったらバカにされたと感じるので逆効果ですよ!
これでパートナーとの新しいコミュニケーションが生まれます。
そしてメンズTバックが普及します。

女性が理解を示している上で、男性が実行するという行為。
こんなにスムースに流れる普及方法がこれ以外にあるでしょうか!?
いや、ない!!(熱血

というわけで、今年のクリスマスプレゼント。
彼氏や旦那さんにTバックをプレゼントしてみてはいかがでしょうか??


おすすめTバック、今度コラム書きますね☆
よろしくお願い致します。

 

それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

新しいTバックを買ったら、穿く前に最初にしておくこと。

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

Tバックに興味のある紳士淑女の皆様、ごきげんよう
Tバック男爵です。

このブログを見てTバックの購入に踏み切ったよ!
なんていう方がおみえになりましたら光栄でございます。

皆様は、購入したばかりのTバックを穿くとき、どのようにされていますか?
今回は我流ではありますが、私が新しいTバックを購入したときに行っている作法のようなものをまとめたいと思います。
半分ジョークのようなものですので、気軽に読んでいただけたらなと思います(笑

 

1.お風呂に入って体を綺麗にすること

まず間違いなく最初にやっておきたいのはこれです。
身を清めておきましょう。
だってせっかく新しい下着を買ったんですもの。
体が汚れた状態で穿きたくはないはずです。
体をきれいに洗ってから、新しい下着の感覚を身も心もプレーンな状態で感じましょう。

 

2.ムダ毛のお手入れをすること

ムダ毛の処理については個人差があると思いますので、ここはすっ飛ばす方もおみえになると思います。
私も最初はしていませんでした。
最近になって(Tバックを穿くようになって1年後くらい経過し)少しだけ処理をするようになりました。
ハミ出さないように、周辺だけすこし処理をしています。
ムダ毛の処理については今のところ下記コラムを宜しくお願いします☆

メンズTバックを穿くときのムダ毛のお手入れについて

t-back.hatenablog.com

 

3.穿く前のドキドキ感を味わうこと

これもとても大切です。
欲しかったものを手に入れた時のドキドキ感やワクワク感。
そして自分がこれから変わるんだよっていうドキドキ感やワクワク感。
そんなプラスのエネルギーが心の中を満たしてくれると思います。
自分を認めてあげて、自分を肯定してあげましょう。
Tバックを穿くことに後ろめたさは必要ありません。
自己肯定感の低いそこのあなた!!(あ、私のことだった)
心を前向きにTバックを穿きましょう!

 

まとめ

新しいTバックを購入したら、穿く前にこの3つはやっておきたいですよね!
気持ちも装いも新たにフレッシュな時間を楽しめると思います。
ぜひやってみてください☆
いずれここにスキンケアの項目がプラスされることを夢見ています。

 

それでは皆様、今日もよいTバックライフを♪

 

 

 

Tバックを穿いて健康診断に行ってみた

f:id:search_life_work:20170811185120j:plain

Tバックを穿いて行きにくい場所の1つに「病院」が挙げられますよね^^

今日はTバックを穿いて「病院」へ行ってきました!
何故病院へ行ったのかと言うと、それは「健康診断」の為でした。
特に病気をして行ったわけではないので、Tバック男爵は今日も元気です(笑

 

Tバックを穿いて病院に行くことは恥ずかしくない

Tバックを穿いて病院へ行くことは恥ずかしいという意見が多いです。
なぜ恥ずかしいと感じるのか。
それは診察の時に見られてしまうことが恥ずかしいということに他ならないと思います。

病院という性質上、そこに集まるのは病を抱えている方が多いはずです。
そんな中、Tバック!なんていう元気印を穿いているわけです。
病んでいるのか元気なのか分かりません。
いや、むしろ元気です。

そしてTバックを穿いていることがバレるのが恥ずかしいという意識になってしまうということは、あることを「自覚」しているのです。
Tバックがメジャーではないということを。
世間的には「恥ずかしい」と思われてしまう下着だということを。
自分自身がTバックを穿いていることに負い目(ちょっと言葉が違う気もします)を感じているのです。

みんなと同じ目では見られない、見てもらえないということを理解しているが上の「恥ずかしさ」だと思うのです。

 

もし周りの人全員がTバックを穿いていて、一人だけトランクを穿いていたとしたら。
トランクスを穿いている人は恥ずかしい思いをすることでしょう。
そういうことなのです。

 

しかし現実にはマイノリティーなメンズTバックです。
いきなりTバックを穿いて病院に行くなんていうことは恥ずかしいことだと思います。

 

でもよく考えてみてください。
今日の診察で下着を見られてしまう機会はありますか?ということを。
下着を晒さなければいけない診察なんて限られていると思います。

 

つまり、それ以外のケースではどんな下着を穿いていたとしても病院に行くことは出来る!ということなのです。
見られることがなければ恥ずかしくないでしょう??

 

そう。例えばこんな下着でもね。

ジョークです。

 

というわけで、今日私はTバックを穿いて健康診断へ行ってきたということです。
さも当然のごとく、病院での立ち振る舞いは完璧でした。
このくらいのことならTバック生活も板についてきました^^

 

Tバックを穿いて病院に行くのが恥ずかしいケースは下着を見られるかどうかにある

「見られちゃうと恥ずかしい」
ここなんですよね。問題は。私もまだ未経験の領域です。

病院で下着姿にならなければいけない状況はどういう場合があるでしょうか?
男性の場合ですと

 くらいでしょうか?
パッと思い浮かんだのはこの2つです。
足の付け根の骨の異常とかだと外科とかも含まれるかもしれませんね。

ですが、機会としてはそんなに多くないような気がします。

如何でしょうか?

つまり、これ以外のケースならばTバックを穿いて病院は行ける!という結論になるわけです。

 

女性の場合はTバックを穿いて病院に行くのは恥ずかしいかもしれない

女性の場合は男性よりも「恥ずかしい」という気持ちが強いかもしれません。
診察も男性同様、泌尿器科内視鏡検査の時は恥ずかしいというのがあると思いますが、女性の場合はそれにくわえて婦人系の診察の時も恥ずかしいと思います。

また、医師が男性だった場合、「どう思われるか」を気にしてしまうと思うので、より「恥ずかしさ」が強く感じるのでは?と思います。

もちろん医師なので仕事としてそれをしている方がほとんどです。
「向こうも仕事としてみているのだから私も気にしない」という方も多いでしょう。
 ですが全員ではないのです。
たとえ相手が医師であったとしても見られるのは恥ずかしいと思う方だっているはずです。

女性同士の方が安心という方もみえると思います。

ですので、女性にとってもTバックで病院へ行くという行動は実はハードルが高いのでは?と、想像しています。
みなさんは如何でしょうか?

 

まとめ

男性も女性もTバックを穿いて病院へ行くということは出来る!という結論に至りました。
ただし、ハードルが存在していて「診察の時に下着を見られてしまうかどうか」が鍵となります。 
診察で下半身が関係なければ普通にTバックを穿いて病院に行けますが、下半身の関係で診察がある場合、自分のTバック姿を晒すことになるのでそれに耐えられるかどうか、というのがポイントです。

 

その壁、乗り越えられますか?^^

 

 

今回はこんな感じのコラムでした。
それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

ノーパンのリラックス具合が病みつきになるというお話

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

以前の記事でこのようなことを書いたことを覚えていらっしゃるでしょうか?
もし「この記事を初めて読むよ」という方は、まずはこちらを読んで頂ければ幸いです。
意外と快感!ノーパンにステテコというスタイル。

t-back.hatenablog.com

 

そう、これは今年(2017年)の夏のことでした。
私はこのノーパンにハーフパンツ、もしくはノーパンにステテコというスタイルが物凄く開放感があって気持ちが良いということに気がついてしまいました。

何も穿いてないからこそ味わえる開放感、リラックス感。
ストレスから解放してくれるような感じすら受けました。
特に就寝時(睡眠時)にノーパンスタイルでいることの楽さは病み付きになってしまいました。

私はTバック生活とノーパン生活の2足藁を履くことになったのです。

それでは2017年11月現在の私の生活スタイルをご紹介したいと思います。

 

ノーパン生活の今の私

ノーパンがとてもリラックス出来ることを知った私は、お風呂上りから翌朝までは基本的にはノーパンにハーフパンツか、ノーパンにステテコで過ごしています。
時々お風呂上りにもTバックを着用することもあるのですが、その頻度が少なくなってきました。
穿くとしても緩めに穿けるTバックを選んでいます。
夜は締め付けられないスタイルが気持ちがいいです。

これから寒くなる季節です。
さすがにハーフパンツやステテコは厳しくなってきました。
暖かめのトレーニングパンツ?スウェットパンツ?にノーパンというスタイルでも、もしかしたら大丈夫なのかな?と思い始めています。
今試し始めているところです。

 

Tバック生活の今の私

夜寝ているときはTバックを穿いていない事が増えてきました。
寝ているときはノーパン確率高いです。
Tバックを穿くタイミングとしては、朝起きて、ご飯を食べてそして身支度を整えるときに「さて!今日は何色の、どういうタイプのTバックで行こうかな?」と下着選びを楽しみます。
間違いなく下着ライフを楽しんでいると自分では思っています。

毎朝、今日はこれで行こう!と決めたTバックと1日を過ごします。
下着に足を通すとき、気分の良さを感じます。
当たり前であって当たり前でない、そんな毎日です。

 

Tバックを穿き始めて2回めの冬がもうすぐやってきます。
今年はどんな冬になるのでしょうね。
楽しみです。


それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

コスパの高いHonelのメンズTバックを追加購入しました

少し前のメンズTバックのレビュー記事で高コスパのメンズTバックがありますよ!みたいな記事を書きました。

t-back.hatenablog.com

 

この記事の末尾にLサイズも気になったので購入しました☆というような一文を書いて締めくくりました。

 

気長に到着を待っていたところ、ふらっとそれは届きました。
到着まで2~3週間程度かかるので本当に気長に待っていないと、全然届かないんだけどどうなってるの!?ってイライラしてしまうと思います(笑
中国からの発送ですからね。国際郵便ですからね。
深呼吸して待ちましょう☆

 

いやー、待ちました。
待ちましたよホント。
そしてHonel2枚目です。

前回はMサイズを買いましたので、今回はLサイズを購入しました。
サイズ違いですのでその穿き心地などを書くことが出来たらなと感じています。

 

開封の儀

 

f:id:search_life_work:20171026211535j:plain

色はグリーンを購入しました。
実際の商品を見てみると、ライムグリーンと言いますか、薄い黄緑と言いますか、繊細な緑色をしています。
優しい緑色ですね。

パッケージから取り出してみましょう。

f:id:search_life_work:20171026211718j:plain

程よい生地の薄さとさらさらの肌触り、良いですね^^
安定感があります。

f:id:search_life_work:20171026211831j:plain

ちゃんとTバック。シンプルに。

前回購入した赤色と並べてみました。

f:id:search_life_work:20171026211928j:plain

写真だと分かりにくいですね。
若干グリーンの方が大きくなっています。
重ねてみたら、「あー、確かに少しサイズ大きくなったなぁ」という具合でした。
そんなに変わらないのかも?なんて思っていましたが・・・。

 

MサイズとLサイズの穿き心地の違い

Mサイズの方はキュッっと締め付けてくれて身も心も引き締まる心持でした。
しかもジャストフィットで非常にピッタリくるTバックでした。
では今回のLサイズはどうだったのか!?

ゆるやかにフィットしてくれました。
並べて置いたときはそんなに違わなかったのに、穿いてみたら全然違いました。
生地の伸縮性はとても良いのでちゃんと包み込んでくれます。
上向き収納ももちろんできるので蒸れることはありません。
Mサイズの時のようなキュッとなる締め付け感は全然ないので、逆に何も穿いていない感じを楽しむことが出来ました。
ものすごく自然な穿き心地です。

自分的にはMサイズの赤色を勝負下着。
Lサイズのグリーンを日常使い、という感じで分けて使おうかと思いました。

 

しかしこのTバックが自分の体に丁度良く合う感じなので、初期の頃に買ったTバックで評価高めにしていたものを、順位を下げなければならない感じです。

 

Tバックの世界は奥が深いです。

 

それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

勃ちやすい体質が旅行を遠ざける。

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

さて、私の以前のコラム
第二回 Tバックを穿いて行きにくい場所へ行ってみた「温泉編 その2」
で勃ちやすい体質であるということを書きました。

t-back.hatenablog.com

 

今回のコラムではそこのあたりをもう少し掘り下げていってみたいと思います。

 

男である以上「勃起」はする

生物学的に「オス」として生存している私です。
そして生物学的に「メス」が好きな存在です。
つまり男である以上「勃起」をする生き物なのです。
それだけはどうしようもなく変えがたい事実なのです。

ただし、どういうときに勃起するのか、とか、どのくらいの刺激に対して勃起をするのかは本当に個人差があるので難しい問題です。
勃ちやすい体質の人もいれば、勃ちにくい体質の人もいるということです。
そして私は「勃ちやすい」タイプの人間だと思います。

 

生理現象が「悪いこと」「恥ずかしいこと」であるという解釈

性に対しての知識が入り始めるのは小学校の中学年ころからです。
高学年になると二次成長期に関して学ぶと思います。
学ぶのですが。。。なんと言いますでしょうか。
とても異質なものを聞くというか、タブー視されていることを知ってしまったというか、ある種の罪の意識のようなものが生まれます。
「性に関する知識=罪」という等式が成り立つわけです。
大切な知識のはずなのに「ダメなこと」という矛盾の意が含まれた禁止です。
もちろん照れや恥ずかしさもあるでしょうし、また受け入れるまで時間のかかる知識だったのかもしれません。

そういう知識が入ると、お調子者タイプの子は「からかい」始めたりします。
私は真面目でおとなしいタイプを通してきたので、そういうグループには属しませんでしたし、我関せずでいました。
「いじられる」ことに対して、どう受け流すのかが分からないのでそうするしかなかったのでしょう。

しかし、そういう知識を仲間内で軽い感じで受け流せず、独りでしっかりと真面目に受け止めてしまうので、「より罪深いもの」であり「より恥ずかしいもの」へと昇華されていきました。

 

恥ずかしがり屋、小心者、という性格がさらに輪をかけた

もともとの私の性格が「恥ずかしがり屋」で「小心者」のビビリです。
そこに性の知識が入ってきて「恥ずかしいもの」とか「触れてはいけないもの」という解釈がなされてしまったのですから、そういう話を口に出すことすら難しくなります。
思春期に仲間内で恋愛の話はすることはありましたが性の話をすることはありあせんでした。
自分からそういうことを話すことが恥ずかしかったですし、それをネタにいじられたり、暴露されたりするのが怖かったからです。

 

見られたくないから一緒にお風呂に入れない

学生時代、避けて通れないものに研修旅行や修学旅行がありますよね?

小学5年生のときです。
林間学校のようなものがありまして、当時の私は毛が生え始めてきていたデリケートな時期でした。
「見られたくない」「茶化されたくない」という思いが先立ってしまい、体調悪いフリをして皆んなで入る入浴をサボるという手段に出ました。
「どこの女子だよ!」と突っ込まれそうですが、そのくらい私は小心者なのです。

6年生ともなると生えてくる子も結構いたので、修学旅行は普通に乗り切りました。
以降、学校行事のお風呂は入れるようになりました。
サボったのはその1回だけでした。

 

なるべく平静を保つようにはしている

されども体質的には勃ちやすい体質をしています。
それは子供のころから変わりません。
ですので、修学旅行の時であっても、なんとか大きくならないようにと物凄く神経を使いました。
ち○このことを考えれば考えるほどヤバくなります。
平静を保つためには意識をそらさねばなりません。苦労しました。

 

なるべくなら友人・知人とはお風呂に入りたくない

社会人になったとしても大人の付き合いというものもあります。
しかし、ありがたいことにこれまで私の勤めた会社では社員旅行というものがなく、同僚と一緒にお風呂に入るなんていう機会はありませんでした。
物凄く恵まれていました。
平常時のものを見られるのは良いのですが、大きくなった時のを見られるのは抵抗があります。

また長年の友達と旅行に行く時なども、お風呂や温泉は付きものです。
なるべく時間差をとったり、冷静でいられるように意識を飛ばしたりしながらなんとかやり過ごして来ています。

 

一人でお風呂が一番安心する

一番良いのは独りでお風呂を楽しむ時です。
大きくなろうが構いません。普通にお風呂が楽しめるので満足です。
そう、私はお風呂(温泉)が好きなので、本当は温泉とか行きたいんです。
ですが、大きくなってしまったらどうしようということを考えると行けなくなってしまいます。
この勃ちやすい体質、本当にどうにかならないものだろうか?と思います。
勃起しやすい体質&恥ずかしがり屋な気質が私を旅行から遠ざけています。

 

 


今日は私のこんなお話でした。
皆さんは勃ちやすいですか?それとも何ともないですか?
もし温泉(公共浴場)で勃ってしまったらどうしていますか?
勃っている人見たことありますか?普通のことですか?
私にはその辺の一般的な知識がありませんので、教えて頂けたら幸いです。

 

それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

メンズTバックレビュー「ジョーシュナイダー Gストリング・レインボー」

皆様ごきげんよう
Tバック男爵です。

私は今回、かねてより欲しいと思っていたGストリングのTバックを購入しました。
ちょっとお高いTバックですので、購入には溜めの期間が必要でした。

それがこちら。

商品画像ですとブルーになっていますが、私が今回購入したのは「レインボー」のカラーです。
サイズはMサイズのみになっているみたいで、どれもMしかありませんでした。
欲しかったGストリングのTバック
届くまでのワクワク感、たまりません。

 

開封の儀

自宅に届きました。

f:id:search_life_work:20171012223957j:plain

ジョーシュナイダーのパッケージです。

中に入っている紙がね、、、

f:id:search_life_work:20171012224040j:plain

めっちゃセクシーやん!?
マッチョやん?おしりも形も鍛えられてるやん?
こういうのを「Tバックが似合う体型」っていうのだろうなという、良い商品イメージです。
こういう体を目指したい。

では袋から取り出してみましょう!

f:id:search_life_work:20171012224215j:plain
ちっちゃ!!布面積ちっちゃ!!
マジですか?ホンマでっか??こんなに小さいんですか?
極小の生地面積でございます。

新品なので化学繊維の匂いもまだありますね。
あと、思ったより発色が落ち着いていました。ビビット感のあるキラキラしているイメージを想像していましたが、想像でワクワクしすぎてしまい、リアルは落ち着いた風合いでした。

f:id:search_life_work:20171012224532j:plain
袋の部分、ちゃんと立体縫製されていますが、本当にこの生地に収まるのだろうか??

f:id:search_life_work:20171012224610j:plain
裏面です。
商品タグが縫い付けてあるので、邪魔に感じたら取ろうかな?という感じです。
腰のゴム紐はしっかりとしたものが使われていて、安心感があります。

 

それでは早速穿いてみた感想に移っていきたいと思います。

着用後の評価

色・デザイン

欲しかったGストリングです。デザインはとても気に入っています。
しかし思った以上に極小な生地です。 とても攻めている攻撃的なデザインですよ!
これはもうテンション上がるでしょう。
逆に残念に感じてしまったのは色味です。
私が期待しすぎたところもあるかもしれませんが、明るいレインボーカラーをイメージしていました。
しかしそこは染料の性質でしょうか?染み込んだちょっとくすんだ色味になっています。
ですが、せっかくのレインボーカラーです。楽しんで穿きたいと思います。

評価:デザインは◎、色味が△

 

通気性・吸湿性

生地が極小ですので、汗をかいたらすぐに吸ってくれます。
ですが、下向き収納しか出来ないため、陰嚢と竿の間は確実に蒸れます。
そこだけは覚悟しておいてください。

評価:〇

 

サイズ感

Mサイズのみです。果たして穿けるのだろうか?と心配がありましたがちゃんと穿けました。ジャストフィットサイズです。
適度な締め付け感がありますのでしっかりとホールドしてくれます。

評価:◎

 

生地の質感・伸縮性

この生地面積で伸縮性が悪かったらきっとはみ出すことでしょう。
伸縮性は高いです。特に縦方向によく伸びます。
しっかりと伸びて包み込んでくれるので安心していいと思います。
しかし、勃ってしまうとカバーしきれません。冷静でいてください(笑

生地の質感もサラサラとしていて良い感じです。
しかしこの生地も引っかけやすい特性があるので、特に爪を切った後などに生地を傷つけないように注意してください。
また、腰ゴムがしっかりしています。
以前購入した別のメーカーのGストリングの腰後は 心もとないものでしたが、こちらは安心感があります。

評価:◎

 

穿き心地

ほどよくキュッと締め付けてくれる穿き心地ですので、緊張感とかドキドキ感とか味わえます。
言ってしまえば勝負下着です。ここぞという時に穿いてください。
お尻の穴にゴム紐が食い込んできて痛いかな?と思いきや、ある意味心地よさを感じるものでした。
スポーツ用のインナー下着としても良いと思います。

しかしやはり下向き収納ですのでどうしても蒸れます。
適度に締め付け感があるということは陰嚢と竿の間に湿気が溜まります。
汗っかきのタイプは注意してください。

また、陰毛は確実にはみ出します。
竿の付け根のすぐ上のところに生地のトップが来ます。
毛を仕舞うことが出来ません。
はみ毛セクシーを狙うか、美的セクシーにパイパンを選ぶか選択を迫られます。

評価:〇

 

まとめ

日常使いとしては暴れん坊です。
使うシーンを選ぶ感じです。
攻めたい時にしっかり攻めていきましょう。

 

それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

第二回 Tバックを穿いて行きにくい場所へ行ってみた「温泉編 その2」

f:id:search_life_work:20170811185120j:plain

平日休みを利用して温泉へ行ってきました

秋晴れの青く澄んだ空の下、
第二回 Tバックを穿いて行きにくい場所へ行ってみた「温泉編 その2」を行いました。
前回の記事はこちら。

t-back.hatenablog.com

 

温泉行こう!」ってなると気持ちが元気になるので不思議なものです。
行く前からドキドキ、ソワソワです。
だってTバック穿いていくんですからね!!
ちょっとまだ意識しすぎです。
というよりも前回よりも意識しまくりでドキドキ感満載でした。

 

今回穿いて行ったTバックはこちら

先日購入したばかりの赤いTバックです。
鮮やかな赤、そしてジャストフィットしてくれる穿き心地。
痛くない程度にお尻もキュッと締め上げてくれるので、高揚感が上乗せされます(笑
とにかくテンションが上がります。

 

ずっとソワソワしていました

運転中はとにかく楽しめました。
「天気いいなぁ」「山がきれいだなぁ」とか。
一人の時間を満喫しました。
ついでにTバック姿を脱衣所で見られた時のことを想像するとソワソワしてしまいました。

温泉街について、最初にお昼ごはんを食べました。
前回とは違うお店でざるそばを戴きました。
入ったことのないお店で食事を楽しむのも良いものですね。
滅多に外食しないので、もう少しこういうことも楽しめるようになろうかなと思っています。

さて、腹ごしらえを終わらせたのでいよいよ温泉に向かいます。
今日行く旅館さんは、少し小さなところです。
しかし、ソワソワ感が収まりません。
気を抜くとすぐにでも大きくなってしまいそうな感じです。
何で今日はこんなにもムズムズとしているのでしょうか?
気にしすぎて変な興奮状態にあるのかもしれません。

 

平日の温泉は気持ちいい!

旅館に入り、温泉のあるフロアへと足を運びます。
思ってた以上に小狭い感じな印象です。
しかし、平日昼間!お客さんは私だけ!!!
またしても貸切状態で温泉を堪能できるぞ!!という開放感と背徳感。
なんかもう脱いだそばから半勃ちです。ごめんなさい。なんでだろう。

体を洗っている時なんか、もうMAXでした。
他にお客さんがいなくて本当にラッキーでした。
見られたら恥ずかしくて居られない。

温泉そのものはとてもゆっくり出来て、内湯も露天風呂も両方堪能しました。
快晴の空の下、露天風呂でのんびりくつろぐというのは贅沢です。
ずっとここに居たい。そう思わせてくれます。
しかしお風呂の広さ的にはやはり物足りなさはありました。
旅館の規模がありますからね、その辺りは仕方のないことです。
むしろいろんな旅館を見て回るという楽しさを覚えようと思います。
40分ほどかけてのんびりとお湯に浸かったり体を冷ましたりを繰り返して楽しんだ後、脱衣場に戻りました。

 

帰りがけにすれ違い

脱衣場に戻っても私一人。自由だ!
裸でウロウロしてみるか、と思ってやってみようとすると、すぐに勃ち始める。
本当になんなのだろうか。こういうの向いてない。
気兼ねなくウロウロ出来たら一人前的な風潮には私は不向きだ。
結局、一人なのになんだか恥ずかしくなってTバックだけ穿いてみる。
やっぱりどこか恥ずかしい。
ぴったりフィットだからMAX勃ちしたシルエットが丸わかりだなぁとか思いながら髪の毛を乾かす。
誰か入ってきたら見られて恥ずかしいじゃん、やばいドキドキする。。。という焦り。
なんてスリリングなんだろうか。

体の熱も少し冷めてきたところで、Tシャツを着始めたときに60代くらいのおじさんが脱衣場に入ってこられました。
赤いTバックの後ろ姿を見られたかな?という感じですが、あえて見せつけるのも変なので普通に服を着ていきました。
(当たり前か)

逆にそのおじさんが「見られるのが恥ずかしい」という感じでゆっくりと服を脱いでいらしたので、心の中で何か親近感を感じてしまいました。
それを悟った私は、彼が下着を脱ぐ前に脱衣場を後にしました。

 

まとめ

今回は全然余裕がありませんでした。
前回の方が何か堂々としていた気がします。
いや、間違いなく前回の方が堂々としていたことでしょう。
今回は若干セクシー目なTバックを穿いて行ったことも原因の1つではないでしょうか?
そう、私は攻めたんです。
そういうことにしておきましょう。

そして勃ちやすい体質は困るということです。
これについては今度コラムを書いてみようと思います。

 

 それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

メンズTバックを穿くときのムダ毛のお手入れについて

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

どうも皆様、ごきげんよう
Tバック男爵です。

今回は皆様に大切なお話があります。
それはTバックを穿く者にとって一度は考えること。

ムダ毛の処理をどうするのか!?

ということについてです。

皆様は「ムダ毛の処理」について知り合いやご友人たちの間で話題に登ることはありますか?
女性同士はムダ毛の処理について話をするものなのでしょうか?
男性同士(自分自身の友人界隈において)ではムダ毛の処理について話をするということはまずありません。
ですので、「男がムダ毛の処理をする」という行いは「髭剃り」以外は「ありえないこと」くらいの勢いで見てしまいます。

女性はもともと美しさを保つために、美容関係の知識は若い頃からつけていくものなのだと思います。
しかし、男性は自分自身の美に対してはとてつもなく薄く、もし美に興味を持とうものならナルシスト扱いされてしまいます。
だとえ男性が自身の美に対して興味を持ったとしてもモテるためのファッション的な美であって、体毛の処理まで突き詰めているのか?と聞かれるとそうではないような気がします。
そんなことから、男性の体毛は「ありのまま」の状態の方が世の中では多いのではないでしょうか?

ムダ毛と一言で言ってしまうと、体のあちこちの部分にありますので、このブログでは陰毛(特にVIO)についてに限らせていただこうかと思います。

 

 

前提として体毛の濃さには個人差があります

まず前提として体毛の濃さには個人差があります。
それはもちろん陰毛の濃さも同じ。
薄い人もいれば濃い人もいるということです。
下腹部や太もものあたりもたくさん生えているという方もいれば、そのあたりにはほとんど生えていなくて性器周辺だけ生えている。
といったように部位も量も様々だと思います。

 

Tバックを着用するにあたって「パイパン」は必須なのか?

Tバック愛好家にとっての美学というものが存在しているように感じています。
それは「Tバックを穿くならパイパンじゃなければいけない」というパイパン崇拝です。
中にはTバックを穿いているのに毛を剃ってないなんて邪道だ。という意見をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

しかし私はそこに異論を唱えたいと思います。
Tバック愛好家であってもパイパンである必要は無い、と。

確かにTバックから陰毛がはみ出ていたら見栄えとしては美しく無いとは思います。
特に生地面積の少ないTバックやTフロントだと陰毛がはみ出してしまうことでしょう。
ですが、剃らなくても意外と毛までちゃんと隠してくれるTバックはあります。

もし毛が濃い方で、どうしても剃ったりしたほうが良いかもしれないなと感じた場合は、パイパンにするのではなく上手く隠せれるような処理のしかたをすれば良いのだと思います。
周辺カットとか長さの調整とかそういう感じで良いと思います。

きっとTバックを穿き始めてすぐにはパイパンにする勇気は無い方が多いと思います。
ものすごくハードルが高いと思います。
Tバック穿くなら絶対パイパンにしなければいけない、なんていうことになるとTバック穿かなくてもいいかな。。。ということになりかねません。
せっかくTバックと出会えたのに。

ですので、Tバックを穿きながら、どのくらいの毛の処理をしたらいいのかな?とか自分に合った処理方法を見つけていければいいのだと思います。
その中で「自分はパイパンにしたい」という欲求が生まれればやってみたらいいと思いますし、「Tバックは好きだけれど陰毛も残したい」というのであれば、残しておけばいいのだと思います。


因みに余談ですが、アイドルやレースクイーンのパンチラからのハミ毛がお宝写真として取り沙汰されることがありますよね?
それって「それがエロい」から「需要がある」んですよ。
ハミ毛があるということはパイパンにはしていません。
毛を残すことで生まれるエロさもあるということです。

 

どの程度まで毛の処理をしたらいいのか?

逆にどのくらいまで毛の処理をしていたら綺麗ですか?
「個々の美的感覚による」と言わざるを得ません。
(放任すぎてごめんなさい)

ですが、正解などないと思うんんです。
Tバックを穿いてみたときに、これだったら綺麗かな?という自分のベストな状態を楽しみながら見つけてみてください。
そうすると、自己愛や自己肯定感が上がって自信につながると思います。

 

Tバック男爵的にはどういう処理をしているのか

参考になるかどうかわかりませんが、私の毛の処理に関して少し書いてみたいと思います。
私はどちらかというと体毛の薄いタイプの人間です。
ですので美的感覚として「毛が薄い状態」がスタートです。
どのくらい体毛が薄いかというと、太ももには毛が生えていません。
一般的によく言われるギャランドゥ毛というものも生えていません。
足の付け根の部分も生えていません。

基本的に気になるのはVIOラインです。
私は特にパートナーもいませんし、誰かに見られる訳でもないので別にこのままでも何の問題もありません。
でもせっかくなのでちょっとだけオシャレに気を遣ってみることにしています。

私のVIOそれぞれの処理については次のような取り組みをしています。
 

陰毛の処理に美学を持ち込むVラインの処理

個人の美的センスが問われます(笑。
まずは、一番よく穿くタイプのTバックを穿いてみます。そしてその生地からはみ出ている陰毛はカットしてしまいます。(電動シェーバーを使うと楽です)
これで生地からはみ出ている部分はありません。
あとは毛の長さを軽く調整するというような感じです。

もし毛が濃かったら、短く切りそろえて模様にするというような女性的な楽しみ方もあるのでしょうが、残念なことにそれが出来るほどの密度はありませんでした。

また、TフロントのTバックを穿いてしまうと陰毛は絶対はみ出します。
さすがにTフロントで毛をはみ出さないようにするにはパイパンが好ましいのでしょう。
しかし私はあえてパイパンにはせずにはみ出して穿いています。
個人の自由ですからね。自分がそれを許せるかどうかです。

 

肛門周りの毛は無い方がいい

Tバックを穿き始めた頃は全然気にしていなかったのですが、最近気になり始めてきました。
特にGストリングを穿いたときなどは絶対にはみ出ています。
それこそ誰かに見られる訳ではないのですが、自分が見えていない部分だからこそ逆に気になってしまうという心理が働いています。
IラインとOラインの毛の処理はしたいです。
まだしていません。

手段を考えていますが、自分でやるならシェーバーとかで出来るのでしょうか?

 

脱毛クリニックは高額なので手が出せない

気になったのでメンズ脱毛クリニックを少し調べてみました。
するとどうでしょう!こんなに高いの!?と驚いてしまいました。
今までメンズエステとかメンズ脱毛クリニックとかそういうのに全く興味がなくて調べることも無かったのですが、金額をみて驚いてしまいました。
とても私には払える金額ではありませんでした。
生活が圧迫されてしまいます(笑

 

お金があるなら脱毛クリニックも良いかも

もしたくさんお給料を貰ってみえる方で、生活に支障がなければメンズ脱毛なども視野に入れてみるとよいかもしれません。
美の専門家と話し合いながら納得する結果が得られるのではないでしょうか。

しかし脱毛は脱毛です。痛いらしいですよ(笑
それと、クリニックの施術者が女性であることもあるようです(会社による)。
まぁ施術者が男性であろうと女性であろうと、性器を持たれるので感じてしまうケースが多々あるようです。
しっかり大きくなったり、半勃ちだったり。
それだけは覚悟して、堂々としていなくてはいけません。
紳士的に動じない強さが必要ですね☆

 

まとめ

最後にもう一度だけこれだけは繰り返しておきたいと思います。
Tバックを穿くならパイパンでなければいけない」という絶対的なものよりも「毛が生えていてもパイパンであっても、Tバックを楽しめるならどちらでもいい」ということです。
その方がハードルが下がってTバック愛好家が増えるかもしれませんし、自分で穿いていくうちに「毛の処理に悩んだ時」にどうしていこうか考えれば、自分に合った答えが出せるのではないかな?と思います。
まだまだ私自身が過渡期の中にいると思いますので、自分がどう変わるかが楽しみです♪


それでは皆さま、今日も楽しいメンズTバックライフを!

 

ブラウン SE7561 シルク・エピル7 脱毛器

ブラウン SE7561 シルク・エピル7 脱毛器

  • 出版社/メーカー: ブラウン(BRAUN)
  • 発売日: 2015/03/05
  • メディア: ホーム&キッチン
 
ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5001

ブラウン 光美容器 シルクエキスパート BD-5001

  • 出版社/メーカー: ブラウン(BRAUN)
  • 発売日: 2016/03/18
  • メディア: ホーム&キッチン