読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tバック男爵がメンズTバックについて語るブログ

男だってTバックを穿いて楽しみたい!

Tバックを穿きこなせるのか、それとも穿かれてしまうのか。

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

Tバックを穿くようになって自分の体に気を遣うようになりました。
私は正直なところ「瘦せ型」の体系であると言わざるを得ません。

身長163cmに対して体重が48kgという女子もうらやむ体型です。
むしろ女子に殺されてしまいます。
体脂肪率も13%前後をうろうろしています。

体脂肪率だけでみたら、マッチョな感じがしなくもないのですが、いかんせん体重が足りません。
ここ数年、全然体重が増加せず、酷い時にはこれよりも減ります。
困ったことに痩せすぎです。
体重が増えないので逆に心配で心身ともにあまり良い状態とは言えません。

健康な体は心を元気にします
これは間違いないと思うのです。
ウチのおばあちゃんも昔はよく言っていたものです。「体が資本だよ」と。
体の元気は心の元気につながり気力という活力が生まれてきます。

 

痩せ型の私。
自分の肉体や健康面でも安心感が得られず不安を抱えています。
せっかくTバックを穿き始めたのです。
心も体も元気になりたい!と思うようになりました。

そして「Tバックが似合う体になりたい!」とも思うようになりました。

 

そこで今回の記事タイトルです。
Tバックを穿きこなせるのか、それとも穿かれてしまうのか。」

 

健康的な体はTバックを穿いていて美しく見えることでしょう。
逆に痩せていたり太ったりしていると、Tバックのイメージだけが先行してしまって「なんかちょっと違う。」という感覚を覚えてしまうかもしれません。

 

もちろん穿いている本人の価値観や意識の違いというのはありますので、太っていようが痩せていようが「穿いていて楽しい!」という気分になることが一番大切なことです。
ですので、体型の差異でTバックを穿いてはいけない!ということが言いたいわけではありません。

あくまでも個人的な価値観として「俺はTバックに穿かれているんじゃない!穿きこなしているんだ!」という自分に対する自信みたいなものを作りたいと思っている訳です。
(行き過ぎるとナルシストって言われてしまいそうですが、根本的に自尊心の低い私ですので、自分を認めるための方法の1つとしてTバックが一役買ってくれるのなら、それは自分の強さになると考えます)

 

私が思うTバックが似合う体型とは

自分が思い描いているメンズTバックが似合う体型というのはやんわりマッチョ体型です。
ガッツリマッチョ体型だと「うん、やっぱりね。そうだよね。」という安定感はあるのですが、自分がそれを目指すかと考えた時、自分には似合わないかもしれないと思う訳です。
逆にぽっちゃりして脂がのっている感じの体系になってTバックを穿くのも、体のラインがカッコよくないかもしれないと感じてしまうわけです。(ぽっちゃりしている自分自身を想像できないというのもありますが)

ですので自分的な価値観で落ち着くメンズTバックが似合う体型というのは「細マッチョ」とか「やんわりマッチョ」とかのレベルなのです。
程よい筋肉と程よい脂肪。

美味しそうじゃないか(笑

 

痩せ型の体系の人がTバックを穿きこなしている体型になるためには

自分みたいな痩せ型体型がスタートで、健康的な体を作り上げていくにはいったいどうしていったらいいのか。
痩せることが目標じゃなくて、太ることが目標なので、食べても太れないタイプの人にとってはとても難しい問題です。
太ることは痩せるよりも難しい問題なのです。

では太れない原因とは一体何なのでしょう。
健康的なライフサイクルが送れているのか?
適度な運動が出来ているのか?
体のエネルギーサイクルが成立しているのか?
腸内環境は整っているのか?
自分で考えうる原因は今のところこのくらいです。
今後、掘り下げていってみたいと思います。

 

太り気味の体系の人がTバックを穿きこなしている体型になるためには

私とは逆で、太り気味の体系の人の場合は痩せながら筋肉を付けていくことが効果的だと思います。
痩せたくても痩せにくいという体質の方もいらっしゃると思います。
痩せても体型維持がしにくいという体質の方もいらっしゃると思います。
ただ痩せればいいというのではなく、健康的に筋肉を作りながら痩せなければならないので、自分に合った方法を見つける必要があります。

必要になってくるのは「自分に合った効果的なダイエット方法」を見つけることだと思います。
ダイエット方法に関しては、本当に世の中に沢山出ていますよね。
フルーツ系のダイエット方法からサプリメントを使ったダイエット方法まで。
多すぎて把握しきれません。

しかも私は痩せ型なので、ダイエット方法を自分で試すことが出来ません。
ですが、もし太り気味の体系の人でダイエット方法を探しているという方がいらっしゃる場合の為にも、今後こちらのテーマも掘り下げてみるかもしれません。

 

健康的な体で心も元気になったら最高

とにかくやっぱり一番大事なのはこれだと思うんです。
健康的で体も心も元気なこと
体も心も元気だったら幸せを感じやすい体質になれていると思うんです。
満たされている感じを得やすいと思うんです。
もしその手助けを「メンズTバック」がしてくれたとしたら?
とっても楽しいんじゃないだろうか!!!
それこそが、私がこのブログを始めた理由の1つでもありますし、自分自身で実験しているところでもあります。

 

 

 

 

畑仕事にもメンズTバックは快適でした。

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

4月も後半に差し掛かり、日中の気温が20℃近くになる日も増えてきました。

そんな天気の良い週末の土日。

私は家庭菜園の畑仕事へと駆り出されました。

鍬をもって畑を掘り起こす作業はまさにスポーツ。

ではないけれども、結構な運動になります。

 

体を動かして温かいぜ!を通り越して熱い!

汗も出てくる始末です。

本当に良い運動になります。

 

でも。

 

お尻が涼しい。

汗を風がさらっていく感じ。

なんて快適なんだ!!

そう、メンズTバックを穿いて畑仕事をしていた私。

汗が下着に籠らないので、変なベタ付き感を感じることなく、心地よい風をお尻に感じながら農作業が出来ました。

 

なるほど、メンズTバックは農業というシーンにも有効な下着らしいです。

しかも農作業で鍛えられた体だったとしたら、Tバックも似合っているに違いありません。

(私は家庭菜園程度なので全然筋トレになっていないのですが)

 

もし、農作業をしているときに汗で下着の生地が肌にまとわりついてきて気持ち悪さを感じているとしたら。

気持ちの面でもストレスですし、肌ストレスも感じていることでしょう。

そしてTバックでそれが解消できたとしたら!?

こんな理にかなっている下着はないでしょう。

 

試してみる価値はあるかもしれませんよ?

 

(ブロス)BROS 立体フロントブリーフ (ソフトな着用感 Tバック) ブロス GF2016  WH M
発売日: 2015/02/04
メディア: ウェア&シューズ
 

 

メンズTバックをファッションの流行としてブームになったら面白いのに!

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

男がTバックを穿いているなんてなんか変!
そんなイメージ持っていませんか?
 
気持ち悪いだとか、ナルシストだとかそういうマイナスなイメージ。
男がTバックを穿いているだけで「引いてしまう」という女性は多いような気がします(ネット調べ)。
 
ではなぜ世の中の多くの女性はそんなにも「メンズTバック」に対して抵抗を覚えてしまうのか。
何故女性のTバックは「普通」という認識が通っているのに「メンズTバック」は「異常」だとか「滑稽」だと思ってしまうのか。
 
その1つとして考えられるのは「文化や価値観としてのメンズTバックの定着度合い」が挙げられると思うのです!
 

女性のTバックはそもそも普通なのか?

冒頭で女性のTバックは普通ということを書いてみましたが、実は女性がTバックを穿くことが普通かどうかも分かっている訳ではありません。
それは「普通」という認識の違いから生まれてきます。
Tバックが好きで穿きなれている人にとっては普通なので、自分が穿いていることも、他の人が穿いていることも普通だと思っていることでしょう。
逆にTバックが苦手な人にとっては、自分が穿くことに嫌悪感を覚えるでしょうし、友人・知人が穿いているのを知ってしまったときも「なんかちょっと引く」という気持ちを覚えるのではないでしょうか?
  • セックスアピールが強過ぎ
  • 女を出し過ぎ
  • エグい
  • ガツガツしてそう
  • エロい
  • 下品
こんな感じで。
 
ですので、女性が女性のTバックに対する容認を考えた時、物凄く定着しているとは言えないのかもしれません。
穿きなれている人や、女性がTバックを穿いていることは自然なことと感じている人にとってのみ、普通という認識が生まれているのだと思います。
男性より定着率が高いことは間違いないでしょう。
 
 

メンズTバックに対する女性からの目線と男性からの目線

メンズTバックに対する女性からの目線についてネットで調べてみたら結構散々なことを書かれていました。
  • 気持ち悪い(特にお腹が出ている体型)
  • ナルシスト
  • 行為の時ガツガツしてそうでこっちが萎える
  • 自意識過剰
  • ゲイなの?
ほんと、さんざん。別にキミたちと楽しむために穿いてないよ!!って反論したいくらいに。
(私はゲイじゃないよ!!)
でも、一緒に盛り上がれそうとか、別に気にならないという意見もたまにあったので、受け入れてくれる女性もいそうです。
 
では男性からの目線はどうかというと、これもやはり意見は二つに割れていて、「それはない」という意見から「面白い」という意見までありました。
寛容度合いでいくと男性の方が、同じ男性同士ということもあり受け入れてくれていそうですが、自分が穿くとなると別問題のようでした。
 
 

下着としては一線を隔しているTバック

男性にとっても女性にとってもTバックという下着の存在は一線を隔しているように感じます。
他人が穿いていることを受け入れられるのか、無理なのか。
自分が穿くことが出来るのか、出来ないのか。
マトリクス図で統計データを出してみたら面白いことになるかもしれません。
誰か!調査をお願い致します!!(笑
 
それだけインパクトの強い下着ということですよね。
 
 

だからこそTバックがブームになったら面白い

文化としてのTバックの根付き具合も、価値観としての根付き具合も一部のコアな層のみに受け入れられているけれども、まだまだ「普通」というレベルにはなっていないというのが現状だと思います。
ネットでは「メンズTバックがブーム」みたいな記事も書いてあったりしますけれど「本当か??」と疑ってしまいます。「売りたい」からブームって言っているだけで、愛好者が増えているのかどうなのか数字では分かりません。
「10人いたら2人くらいの男性が穿いている」ようになったら、文化としての定着率がとても高いような気がしていますし、そうなったら面白そうだなって思います。
 
Tバック、気持ちいいですよ。
これから夏がやってきます、蒸れないお尻を体感してみてください!
 

 

 

 

メンズTバック・レビュー「ブレイブパーソン セクシーGストリングTバック」

実は昨日の記事でレビューを書いたメンズTバックと同時購入していたのが、今日ご紹介するTバックになります。

 

昨日の記事はこちら

t-back.hatenablog.com

 

購入したTバックは同じ「ブレイブパーソン」というブランドのものです。
色も前回と同じピンク色で統一してみました。春なので。
そして購入したのはこのタイプです。

 (商品画像はホワイトです。私が購入したのはピンクです)

 

開封の儀

f:id:search_life_work:20170409204203j:plain

パッケージは同じものでした。
中身だけがGストのものになっています。

f:id:search_life_work:20170409204314j:plain

裏面もこんな感じで。
2回目ともなると感動がちょっと薄い(笑

 

さて、では取り出してみましょう!

f:id:search_life_work:20170409204402j:plain

フロント以外全部ヒモ!
いい感じの解放感です。
昂ってきますね!

f:id:search_life_work:20170409205434j:plain

フロント部分もしっかりと立体縫製がされています。

 

f:id:search_life_work:20170409205458j:plain

内側はこんな感じです。
内側のこのタグは、肌に擦れて違和感を覚えることもあるかもしれませんので、そのような場合は切ってしまったほうが無難ですね。

f:id:search_life_work:20170409205616j:plain

本当に布面積小さい・・・。

 

着用後の評価

色・デザイン

ショッキングピンクの色も元気が出そうな色で気に入っていますし、高揚感を感じられるGストリングのデザインも気に入っています。
しっかりと立体縫製されているところもポイントが高いです。

評価:◎

 

通気性・吸湿性

基本的に紐パンツなので、通気性・吸湿性については問題なし、と言いたいところなのですが、このタイプのTバックは男性自身を下向きで収納しなければなりません。
そうすると、陰嚢と密着した状態で収納されるので熱がこもると蒸れます。蒸れ始めるとムズムズします。

評価:△?

 

サイズ

こちらの商品もLサイズを購入させて頂きました。
特に問題なく穿けました。

評価:◎

 

生地の質感・伸縮性

昨日のの記事のタンガTバックでも使われていた素材と同じものでした。
しっとりさらさらな肌触りのとても気持ちのいい記事です。

伸縮性もあるのですが、いかんせんこの布面積です。
おっきくなったらアウトと考えてください。
全体的に突っ張ります。
あえて頭を出してしまうか、逆に頭を隠して陰嚢のところまでゴム紐にしてしまうか。
冷静に穿いてください。
セクシーTバックなのに冷静さを求められます。

因みにゴム紐ですが、ビロンビロンになってしまう感じのものです。
弱くなったら買い替え時でしょう。

もう1つ付け加えると、昨日の記事でこのようなことを書きました。

1つ難点があるとすれば、生地が引っかかりやすいということです。 指にささくれがあったり、爪のガタガタがあったりすると、そこに引っかかってほつれてきてしまいます。 とてもデリケートな素材ですので、お気を付けください。 下手をすると買ったその日に引っかかりが出来てしまいます。

メンズTバック・レビュー「ブレイブパーソン スーパーストレッチ タンガTバック」 - Tバック男爵がメンズTバックについて語るブログ

その写真がこちらです。

f:id:search_life_work:20170409211716j:plain

見やすいように色味を若干調整してありますが、青丸を付けたところが引っかけた跡です。このように簡単に引っかかってしまいます。

お気を付けください。

 

評価:△

 

穿き心地

基本的には悪くないです。
気分の高揚感も味わえますし、お尻が丸出しの状態なので夏場などはとっても重宝すると思います。
おっきくなった時に気を付けなければならないくらいでしょうか。

評価:○

 

 

上級者向けの男のTバックです。

 

メンズTバック・レビュー「ブレイブパーソン スーパーストレッチ タンガTバック」

今年は桜の開花が遅くて、ちょうど今が見ごろを迎えました。
皆様の地域では如何でしょうか?

さて、今回は春らしい色をしたTバックを購入しましたので、紹介してみたいと思います。

 

購入したのはこちらのTバックになります。

 上記のリンクでは色が黒になっていますが、私はピンク色を購入しました。
淡いピンクではなくショッキングピンクでしたので、なかなか元気の良い感じです。

 

開封の儀

では早速到着した商品を見ていきたいと思います。
商品のパッケージはこのような感じになっていました。

f:id:search_life_work:20170409183935j:plain
ロゴがカッコイイと思います。
ブランド名のVだけ一文字文字色を変えているという粋なことをしていますね。

f:id:search_life_work:20170409184246j:plain裏面は、中国製だと完全にわかるような表記でした。
つまり中国語。
読めません(笑
でも、サイズは英数字で書いてあるので判別できますね。

 

f:id:search_life_work:20170409184546j:plain取り出して広げました。
商品タグに好感が持てます(そこじゃないw

鮮やかなピンク色がとても目を引くので、気持ちが元気になりそうに感じました。
オシャレな感じでブランドロゴがTバックに印字されています。
こういう感じならプリントされていてもカッコイイですね!

肌触りはしっとりさらさら。
伸縮性もあります。
穿きたい気持ちをそそられます。

 

f:id:search_life_work:20170409184843j:plain

お尻のところのTの部分。
ここにタグがとりつけられていました。

 

f:id:search_life_work:20170409185003j:plain

後ろは全体的にこんな感じです。

 

f:id:search_life_work:20170409185048j:plain

横から撮ってみました。
立体縫製されているので、収納しやすそうですね。

 

着用後の評価

色・デザイン

私の購入したピンクはものすごく気に入りました。
商品自体もカラーバリエーションが8種類ありますので、楽しめると思います。
デザインもハイカットされていますし、フロント立体縫製がされているのでポイントが高いです。

評価:◎

 

通気性・吸湿性

蒸れる感じはありませんし、肌にべた付く感じもないですので、ともに評価高いです。
夏はこれ一枚で過ごしたいよね!って思えるくらいです。
間違ってもこれで外に出歩いてはダメですよ!

評価:◎

 

サイズ感

こちらのTバックも自分の規定値よりもワンサイズ大きいLを購入しました。
ワンサイズ大き目でジャストフィットしています。

締め付け感が欲しい時は、自分の規定値通りで良いと思います。

評価:◎

 

生地の質感・伸縮性

生地の質感はとっても気に入っています。
この「しっとりさらさら」という感じが物凄く手触り(肌触り)が良いです。
伸縮性も程よくありますので、大きくなってしまったときも包み込んでくれます。

1つ難点があるとすれば、生地が引っかかりやすいということです。
指にささくれがあったり、爪のガタガタがあったりすると、そこに引っかかってほつれてきてしまいます。
とてもデリケートな素材ですので、お気を付けください。
下手をすると買ったその日に引っかかりが出来てしまいます。

評価:〇

 

穿き心地

穿き心地はとても良いです。
しっかりフィットしてくれます。

評価:◎

 

 

 

生地がデリケートだということだけ除けば、とても良いメンズTバックだと感じました。

 

メンズTバックってどれくらいの男性が穿いているのだろうか?(アンケート付き)

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

メンズTバックを穿き始めて気になり始めたことがあります。
そう、いったい世の中の男性のどのくらいの人がメンズTバックを穿いているのだろうか?ということです。
自分が思っている感じではメンズTバックの普及率はそれほど高くはないと感じています。

どうでしょうか、100人の男性がいたとしてそのうちの2,3人が穿いていればいいのかな?
というイメージです。

 

Tバックを穿いていそうな人のイメージ

男でTバックを穿いている人のイメージって「体に自信のある人」か「遊び人」のイメージがあります。
勝手な想像です。ごめんなさい。
ですが、ムキムキでマッチョな男の人がTバックを穿いていたとしても何も違和感を感じないというか、むしろそうであってほしいという感じです。
自分の筋肉の美しさに絶対的な自信を持っていると思いますので、Tバックならお尻の筋肉だって見てもらうことが出来ます。
遊び人の人は、自分のセクシーさのアピールのために穿いていそうです。
パートナーに喜んでもらえるかどうかは相手次第ですが、夜の気分を盛り上げるためにTバックを着用することだってあると思います。
ヤル気満々ですね!頑張ってください!

 

私は多分「出る杭」としてのメンズTバック愛好家なので、「メンタル弱者」で「細身の体」だけども「気持ちの変化」を感じることが出来たのでこれからも愛用します。

 

自分の周りにTバックを穿いている人はいるのだろうか?

自分がどんな下着を穿いているのかなんて、人に話したりしないものです。
私も話したりしません。
友達同士で温泉に行った時などに、チラッと視界に入ってくる程度で気にもしませんですし。

一緒に温泉に行く友達もやはりトランクスだったりボクサーブリーフだったりするので、Tバックは穿いていないと思われます。
私のように隠れTバック愛好家の可能性もアリでしょうか?
(私も温泉と病院に行くときだけはまだTバックは無理です)

 

私の身の回りの知人・友人のTバック普及率は0%のような気がしています。
世の中全体としてみても、冒頭で書いたように100人の男性がいたとしてそのうちの2,3人が穿いていればいいのかな?と思いますが、東京とか都会だと着用率が高くて、田舎になるほどノーマルなパンツが多いのかな?

 

教えてください!!

実際のところメンズTバックがどのくらい普及しているのか興味があるので、アンケートを取ってみたいと思います。
しかし、懸念材料はこのブログが今のところ全然認知されていないので、回答者が集まるかどうか・・・という根本的な問題がありますが(笑)
皆様、お願い致します!

 

下記サイトでアンケートを作ってみました!
回答お待ちしております!

メンズTバックの普及率

 

 <アンケートにお答え頂いた皆様へ>

とても紳士的で丁寧な回答ありがとうございます!!
回答を読んでいて心があったかくなりました!!

このアンケートは100人までが上限ですので、100名の意見が集まったら第一弾としてアンケート結果を抜粋しながら記事を書けたらいいなと思っています。

(100人の方に答えて頂けるようなブログに成長したらいいな☆)

 

メンズTバックを穿いて失敗したこと。デメリットとは一体何?

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

 

男がTバックを穿くメリットについて以前自分なりに考察して紹介してみました。

t-back.hatenablog.com

 

ですが、メリットがあれば反面デメリットも存在するのが世の常ですよね?

そこで今回はTバックを穿くことによって起きるデメリットについて考察してみようと思います。

 

 

デメリット1:穿きなれていないと感じてしまう

Tバックを穿き始めてまず最初に思うことは「なんか変な感じがして穿きなれない」だと思います。
だって、今までトランクスやボクサーブリーフで過ごしてきたんです。
いきなり生地面積の少ないメンズTバックですよ?
そりゃ違和感も感じてしまうことでしょう。

 

足回りがスースーするだとか、お尻周りが解放感ありすぎてぎこちないだとか。
思いはさまざまなことでしょう。

 

そして何より、ポジションが落ち着かない。
穿きなれていないのですから仕方がありません。
上向きで収納したらいいのか、下向きで収納したらいいのかすら迷うことだと思います。

 

変な高揚感と解放感、セクシャルな気分、落ち着かないポジション。
その全てにおいて何とも言えない気分になったとき、感じてしまいます。

 

穿きなれないうちはTバックでの外出は控えたほうが良いでしょう。
外出先で、何もないところで感じてしまって戦闘状態になってしまっては困ります。
「え?あの人、もっこりしてる!」「エロいこと想像してるんじゃない?」なんてことになったら奇異の目で見られてしまうかもしれません。

 

特に、感じやすい体質の人は要注意です。
外出先で大きくなると・・・焦りますよ??

 

まずは自宅で穿きならしてから、徐々に外でも穿けるようにしていくのがベストだと思います。

 

 

 

デメリット2:お腹を壊している時、やばい

お察しの方も多いかと思います。
お腹を壊しているということは、アレが柔らかいか水っぽいかということになりますよね?
そうです。「うん〇」です。

 

お腹を壊している時は非常に生地に付きやすくなるので注意が必要です。
いくら綺麗に拭き取ったといえども、拭き残しがあったりしてしまうものです。
お腹の調子が悪い時はTバックを穿くのは控えたほうが無難かもしれません。
それでもやっぱり穿きたい時は「しっかりと拭く」ことを大前提としましょう。

 

そもそもTバックの性質上、肛門と生地はゼロ距離です。
完全に密着しています。
密着しているのですから、拭き残しがあれば確実にTバックの生地に「うん〇」が付いてしまいます。
汚い話ですけれど、それが現実です。

 

Tバックにうんこが付くなんていう話。
大々的に書いているブログなんてないでしょう?
だって恥ずかしいことですし、汚いことですもの。
隠したがりますよね?「私はそんな風になったことないよ」って。
でも、男性に限らず、女性だって付いてしまうことあるんじゃないかな?
私は勝手にそう思っています。

 

お腹の弱い人はTバックを穿くときは特に注意しましょう。

 

もちろん、Tバックを穿いていて、付いてしまうこととは無縁の方もいると思います。
自分の健康的な体質に感謝しましょう☆

 

 

 

デメリット3:公共施設で恥ずかしい思いをするかもしれない

ある意味度胸が試されます。
公共施設とありますが、特に指しているのは「温泉」とか「大衆浴場」です。
まわりに沢山の人がいると想定される場所で、Tバック姿となったときの、他の男性からの視線。
そういうものに耐えられるのか、そうでないのか。
そういうことです。

 

私は内気な性格ですので、Tバックを穿いてそのような場所に行ったことはまだありません。

 

もしかすると小さなお子さんに
「あ!あのひとお尻丸出しのパンツ穿いてる!!」なんて大きな声で叫ばれてしまうかもしれません。

 

そんな辱めに私は耐えられない(笑

 

強気な男性ならば、そういうケースは軽々と乗り越えられるかもしれません。
しかし、内気な男性にこそTバックを穿いてもらって、自信を付けて欲しいと思っているこのブログですので、私自身がいずれは挑戦せねばならない課題かもしれません。
(しないかもしれないけれど・・・)

 

 

 

デメリット4:衛生面で気を付けなければならない形状のTバックもある

Tバックはその生地の性質上、男性自身を包み込んでくれる感じのものが多いです。
フィットしてくれるので、慣れると安定感があります。
生地によっては、締め付けのゆるいものもありますので、ゆったりと穿けるものもあります。

 

しかし、セクシーなメンズTバックの場合。
つまり「ぞうさんパンツ」の場合。
衛生面で気を付けていた方がいいと思います。

 

ぞうさんパンツは、男性自身をすっぽりと覆うかたちになっています。
ポケットにしまうような感じです。
ですので全体が綺麗に生地に密着しています。

 

生地に密着しているということは、不衛生な状態で穿き続けていると細菌が繁殖してしまう可能性があるということです。
ここからは勝手な想像ですが、繁殖した細菌が尿道に入り込むと炎症になってしまうとか、生地に密着している部分が肌荒れを起こすとか、そういうことが起こってしまうのではないかと考えられます。

 

ですので、このタイプのTバックを着用する場合は、清潔な状態を保つか、穿いている時間をある程度決めておいた方がよいのかもしれません。


それでもこの「ぞうさんパンツ」のセクシーさは一級品ですので、気分を盛り上げたい時に穿くにはもってこいだと思います。

 

 

 

まとめ

メリットを生かすためにも、デメリットも頭に入れておいて楽しいメンズTバックライフが送れるといいと思います☆

 

 

 

何故、今、男のTバックなのか。メンズTバックでなければならない理由。

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

何故、今、男のTバックなのか。
何故、このタイミングでメンズTバックをチョイスしたのか?
それには人それぞれ理由があることでしょう。

 

私には、以前のコラムでも書いたように、「きっかけ」がありました。

t-back.hatenablog.com

 

そして今もメンズTバックを愛用しています。
その最大の要因は「穿いてみたら世界が変わった」ということです。

 

そう、穿かなければ穿かないで、たいした問題ではなかったのです。
いつも通りのトランクスやボクサーブリーフなどの下着を着用していればいいだけのことです。
何も刺激のない、変わらない毎日を送っていればよかったのです。

 

でも穿いてみたら今までの世界とは違う感覚を感じることが出来たのです!
それがメンズTバックの力だと思うのです。

 

 

理由その1:自分の中の男に目覚めることが出来る

あなたは自分が男性であることに自信を持っていますか?
「性」に対する自信というものも、生きるための自信の1つにあると思うのです。


例えば、女性だって「女」であることを自覚して、「女」であることを楽むことで、生きる喜びだったり自信だったりを感じていると思うんです。
それと同じことが男性にだって言えるはずです。


「男だから〇〇じゃないといけない」という表現は好きではないので、与えられた「~じゃないといけない」は無視するとしても、自分から「男らしくありたい」と思うのはプラスの生き方だと思うんです。
そう、自発的に生まれる自分の中の「男らしさ」を感じることが出来るのです。

 

メンズTバックを穿くことによって強調される股間。
あらわになったお尻。
いつもは隠れている部分が見えることで「あれ?なんだか自分の体も捨てたものじゃない」と、そう感じるはずです。

 

そしてTバックの素材がシースルーのものだったりしたら、自分の体もセクシーに見えますよね?
「男らしい色気が自分にもあるじゃないか!」
と、自分の肉体をより愛せるようになるはずです。

 

理由その2:草食系(絶食系)から肉食系に変われる(願望)

未婚男性が増え続けているこの日本社会では、草食系男子とか絶食系男子とかカテゴライズが行われています。

  • 娯楽が増えすぎて女性に目が向かなくなった。
  • 仕事が忙しくて恋愛どころじゃない。
  • お金が無くて恋愛どころじゃない。

などなど、何かと理由が挙げられていますが、「男性であることの自分自身」に自信がないからそれらしい理由を挙げて女性を避けているような気もしなくはないです。
だって、私がそうなのですから。

 

しかし、ここ一年間。
私はTバックを穿き続けてきました。
相変わらず彼女はいませんが、「別に彼女なんかいなくてもいい」と思っていた心境から「いても楽しいかもしれないな」と感じるようになってきました。
元々の性格が肉食系ではないので、そんなにガツガツしてはいないのですが、自分の中に「小さな積極性」が生まれるような気がしています。

 

世間一般の「男らしさ」よりも「自分らしい、自分の男らしさ」があれば、それでいいはず!
と思うようになってきました。
それが生きる強さになるのだと思います。

 

きっと、こういう感情はトランクスやボクサーブリーフを穿いていても感じることはなかったと思います。

 

理由その3:新しい自分と出会える

上記2つの理由を読んでみてもお分かり頂けたかと思うのですが、結果として「新しい自分」に出会うことが出来ます。
新しい自分とは「今まで感じることのなかった自分の中の気持ち」とも言いかえることが出来ます。

 

メンズTバックを穿くという行動が、気持ちの変化や生き方までをも変えてしまうのではないか!?
という、この壮大な感じ。どうですか?
生き方は大袈裟かもしれませんが、少なくとも気持ちにはなんらかの変化をもたらしてくれます。

 

そうすると、「こんなことを感じる自分の心があったのか」と気づきを得ることが出来るのです。
Tバックを穿くことが楽しくなったり、Tバックを穿くことでテンションが上がって「今日も一日楽しく過ごそう!」って思ったり。
そんな毎日、幸せなことだと思いませんか??

 

 

まとめ

メンズTバックでなければならない理由。

それは「新しい自分と出会うきっかけになる」ということ。

 

 

 

 

 

メンズTバックはこんないいことあるよ!そのメリットとは!?

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

どうも皆様、ごきげんよう

Tバック男爵です。

今回のコラムはメンズTバックのメリットについて考えてみようと思います。

 

ネットでTバックについて検索をすると、どうしても女性のTバックがメインで検索結果に上がってきます。

今回の記事を書くにあたり、「メンズTバック メリット」で検索しても結果に上がってくるのは女性のTバックのメリットばかり。

もちろん「Tバック メリット」と検索をかけると女性のTバックのことばかりが検索結果に上がってきます。

 

果たして男のTバックのメリットについて書かれた記事があるのか?ないのか?
結局分からず仕舞いでしたので、男のTバックのメリットについて私なりにまとめてみました。

 

 

まずは女性がTバックに感じるメリットについてまとめてみる

パンツ(ボトム)に響かなくてお尻が綺麗にみえる

まずは何と言っても1つ目の効果としてファッション的なものでした。
お尻に食い込んでしまう下着を付けていて、パンツ自体もスキニー系だと、ヒップラインが二段尻になります。

また、下着のラインが透けて見えてしまうこともあるので、Tバックだとそれが解消されます。下着のラインが気にならなくなりますね。

 

ヒップアップ効果がある

ヒップアップ効果があるかどうかは賛否両論があるらしくて、確実性はないみたいです。個人の感想がものを言っています。

ですが、意識として「お尻を綺麗に見せたい!」という願望が込められているため、お尻に関しての美容対策をするようになり、ストレッチやお尻を引き締めることを意識することなどを普段の生活に取り入れていくことで、結果としてヒップアップ効果が生まれるようです。

ただ穿いているだけでは垂れるかも?

 

脚を締め付けないので楽

Tバックの形状はフロントがVラインになっているため、太ももの付け根を締め付けることがありません。ゴムで締め付けられる感じや、穿いている感じが軽減されるので「楽」と感じるのだと思います。

脚のむくみ防止にも効果があるのだとか!?

 

蒸れない

これもTバックの強みだと思います。
生地面積が極端に少ないので、汗はすぐに気化します。
お尻に関しては丸出しの状態なので、もしスカートと合わせて穿いていた場合は夏場はとても快適なのでは?と想像します。

 

ムダ毛処理に気を遣うようになる

これって相手がいた時に限られるような気もします。
ですが、相手がいなくてもここまで美容に気を配っていたら流石だなと思います。

ムダ毛と感じるか、必要毛と感じるかは個人(相手?)のフェチにも左右されるところもあるかもしれません。

 

自分に自信がつく

これはものすごくよいメリットだと思います。
気持ちが前向きになれるということは人生が明るくなります。
つまり人生観が変わるくらいの魅力がTバックにあるのかもしれません。

コメントを見ていると「セクシーである自分」は女性としての自信がつく、というのもありました。
また、「気が引き締まる」や「解放感がある」も感じ方は違いますが、気持ちに影響を与えているので、自然に前向きな自信が生まれてきていると思いました。

自信かどうかは分かりませんが「セクシーな気分になる」というのもありました。高揚感が得られるのでテンションは上がりますね!

 

パートナーが興奮してくれる

これが目的の人も多いと思います。多分。
女性心理としては、やはり好きな人に愛されたい、大切にされたいというのがあるものだと思います。

そして二人の時間は楽しいものでありたいと願っているものだと思います。
その演出の1つとしてTバックが選ばれているのだと思います。

 

 

簡単にまとめてみましたが、7個に大別されました。
これは縁起の良い数字です☆

 

 

ではメンズTバックのメリットとは!?

 女性のTバックについてのメリットを紐解いてみましたので、次はそれをもとにメンズTバックのメリットについて考えてみたいと思います。

 

パンツ(ボトム)に響かない

これは女性同様、男性にも言えるような気がします。
特にスキニー系の白のパンツを穿いたときなんかは効果が発揮されると思います。
ジーンズやだっぽりしているパンツが好みの人にはあまり必要性は無いかもしれませんが、オシャレを気にする方にはTバックは相性が良いと思います。

 

ヒップアップ効果→筋肉美を考えるようになる

女性の場合はヒップアップや美容に関してですが、男性の場合は筋肉量を考えるようになるのではないかと思います。

強くて健康的な体作りを心掛けるような意識に変わっていきます。
だって、Tバックが似合う体になりたいでしょ?

 

脚を締め付けないので楽

この効果もメンズTバックも通ずるものがあります。
足回りがとてもスッキリするので、脚の付け根に感じるゴワゴワ感や締め付けられている感じがありません。
スポーツをする時にも持って来いだと思います。

 

蒸れない

これも大きなメリットだと思います。
夏場の下着が張り付く感じが解消されます。
汗をかいてもすぐに蒸発してくれます。
しかし、自分の肌に合う素材を選ぶことも大切です。

 

ムダ毛処理に気を遣うようになるだろうか??

これはまだ自分自身で確認中です。
今のところムダ毛を気にするまでには至っていません。
見せる相手もいませんし。
ただし、すでに自分の肉体に自信を持っている方は、そこに「美」を求めていると思いますので、ムダ毛処理に気を遣って見える方もいるのではないかと思います。
これには個人差や、気持ちの在り方によって違いがあるかと思います。

 

自分に自信がつく

女性だけがTバックでこんなに良いメリットが享受できているなんて羨ましい!
これは是非男性にも取り入れるべきメリットだと思います。
下着で自分に自信を持つことが出来るなら、試してみない手はないです。
実際、気持ちの変化が生まれる人もいます。私がそうです。

 

パートナーが興奮してくれる、のではないだろうか?

私にはパートナーがいませんので、この事例を検証することはできませんが、こういうことも相手によってはあり得ることだと思います。

 

男性特有の問題解消。股間が安定する

これ、大事ですね。
男性の局部はぶらぶらしていますよね。
チンポジという言葉があるくらいなので、落ち着く位置に定まっていないと気持ち悪いです。集中力すら落ちます。
それがTバックで解消されます。
自分に合うフィット感のあるTバックと出会えたなら、このチンポジの問題も解消されます。ものすごく快適な一日を送ることが出来ます。

 

まとめ

女性がTバックを穿くことのメリットを学ぶところから、男性が穿いたらどういうメリットが生まれるのだろうかということを考えてみましたがいかがでしたでしょうか?

実際のところ、メンズTバックのメリットは効果があるものが多いと思います。
まだまだ自分で穿き続けて検証していく部分もありますが、「気持ち」の面に与える効果というのは捨てることが出来ません。

オシャレさんにとっては身だしなみの1つかもしれません。

今回書いたメリットを、またそのうち1つ1つ掘り下げていってみたいと思います。

 

今回もお付き合いありがとうございました。

 

 

 

 

男のTバックに目覚めたきっかけは何でしたか?

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

Tバック愛好家がTバックを穿くようになった理由。
絶対存在すると思うんです。

違いますか??ありますよね!?

しかもメンズTバックです。
何か穿くきっかけがないと選ばないと思うんです。
何も考えないで下着を選んでいるとすれば、多くは「ブリーフ」「トランクス」「ボクサーパンツ」の3タイプに分かれると思うんです。
そこには属さない、突出したカテゴライズの「メンズTバック」。


なぜ、あなたはメンズTバックを穿くようになりましたか?


「俺Tバック穿いてるんだよ!」なんて人前でさらけ出すタイプも少ないと思うので(そもそもどんな下着を穿いているかなんていう会話にはならない)、メンズTバック愛好家の方に直接「穿き始めた理由はなんですか?」なんてインタビュー出来ないのですが、物凄く興味があります☆
何か情報が共有出来たらいいなと思います。

 

 

男の子の下着の変遷

男の子の下着の変遷って大体似たり寄ったりだと思うのですが、ちょっと書いてみますね。
まずは当然のことながらおしめとか紙パンツからスタートです!
その後、キャラクター系のパンツです。お母さんに買ってきてもらいますよね。
小学生くらいになると白いブリーフが定番化します。おしっこの黄色いしシミが良い思い出ですね(笑。
中学生になると、ボクサーパンツ派とトランクス派に分かれます。お母さんに買ってきてもらうか、自分で買いに行くかし始めます。
高校生以降は、大体中学生で穿きなれたものがベースになるので、このまま大人になるまで変わらないんじゃないかなって思います。

Tバックが入り込む好きがありませんよね。
じゃあ一体どこでTバックを穿き始めるようになるのでしょうか?
不思議ですね。


基本的に女性のTバック姿に興奮を覚えるところがTバックを知るきっかけ
Tバック」という下着の存在を知ることになるのは大体いつ頃でしょうか?
水着のTバックなのか、下着のTバックなのかでもちょっとセクシー度合いが変わってきますが、おおよそ中学生くらいにはTバックというものの存在を知っているのではないでしょうか?
そしてその情報は大体雑誌から得られるものだと思います。
今はネット社会ですので、ネットからも簡単に情報が入ってくるかと思います。
そして何と言っても思春期です。
そりゃあもう興奮するでしょう。
プリッとしたお尻に食い込む布切れ。
見えそうで見えないギリギリ感。
興奮しましたよね?(^~^)

 

 

自分で穿こうと思った理由

さて、ここからが本題です。
自分でTバックを穿き始めた理由。
女性のTバック姿に衝撃を受けたから」に他なりませんでした。

もう少し細かく理由を付け加えないと「それだけのことで?むしろ今更?」と言われかねないので付け加えますね。
まず最初に伝えておかなければならないのは、私は尻フェチでは無かったということです。
尻フェチでは無かったので、下着によってお尻がどう強調されていようとたいして興味はありませんでした。

しかし、ある日「手を出すことは叶わないけれど気になる女性」がTバックを穿いていることに気が付いてしまったのです。
そう、ただ偶然の出来事で。不可抗力というやつです。
別に他の誰かが穿いていたとしても気にはならなかったことでしょう。
「その人」が穿いていたという事実と、チラッと見えた感じがとても似合っていたということ。
それこそ思春期の少年の心に戻ってしまったような衝撃です。


ここで1つ出題です。
好きな人や気になる人に近づくために取る行動心理はなんでしょうか?

 

答え>同化
例えば、芸能人にファンの人がいたら同じものを着たいとか、同じ体験をしたい、とか。
例えば、恋愛中の男女が同じ音楽の趣味を持ちたいとか、同じスポーツをしたい、とか。
そういう心理です。

 

私の場合別にその女性に近づく必要はないのですが(もともとそういう関係にはならないし、なれないので)、ちょっと体験してみたいという心理的欲求が芽生えてしまったのです。

 

つまり、それが私がメンズTバックに目覚めた理由です。
もしかすると逆に珍しいパターンかもしれません。
女性が読んだら叩かれるかもしれませんね。

 

 

実際に穿いてみて刺激を受ければ目覚めてしまう

Tバックを穿いてみても、目覚めなければきっと「履き心地の悪い下着」として脳が感じて体との相性が悪いものになることでしょう。
でも穿いているうちに「あれ?なんか?いいかもしれないぞ?」ってなったとき!
そう!そこですよ!ターニングポイントは!
そう感じ始めたら、もうちょっとだけ穿き続けてみましょう!
それはメンズTバックへの目覚めかもしれません。

 

お尻の割れ目はTバックの聖地。

 

なんかカッコいいこと言おうとしましたが、意味が分からない発言になりました。

 

 

あなたがメンズTバックに目覚めた理由は何でしたか?

私のメンズTバックへの目覚めはこんな感じでしたが如何でしたでしょうか?
もし宜しければ、コメント欄などにメンズTバックに目覚めたきっかけを投稿して頂けると嬉しいです。
私も勉強になります!!
お待ちしております☆