Tバック男爵がメンズTバックについて語るブログ

男だってTバックを穿いて楽しみたい!

検尿前日のオナニーはしちゃいけないよ!

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

今回のコラムはちょっとTバックから離れたいと思います。
でも性に興味を持ち始めたくらいの中学生には大切な記事かなと思います。
※中学生がこのブログを読んでくれているとは思いませんが(笑)

私の過去の体験談を踏まえながらお話させて頂きますね。
大人の方々は過去を思い出しながら楽しんで頂ければ幸いです。

 

 

日課のオナニーを楽しむ中学生時代

私の性への目覚めは小学校5年生くらいでした。
女性の裸を見て興奮するとこうなるんだなということを理解した年齢でもありました。
中学生くらいになるとほぼ毎日のようにオナニーをして楽しむようになりました。
思春期な健全な男子の行動ですね。

 

検尿前夜もしてしまった

学生時代の健康診断で毎年あったのは尿検査です。
検尿とも言います。
折りたたみ式の豆腐のパックのような使い捨ての白いパックと携帯醤油差しのような、それよりも少し大きめの容器。提出用の封筒。3点1セット。
寝起きの朝一番のおしっこを採ることがルールでした。

 

検査結果にオナニーが影響するなんて思ってもみなかった

若干記憶が薄れ気味なのですが、中一の時と中二の時、2年連続で「蛋白(タンパク)」で引っかかりました。
そして確実に言えるのは中二の時は再検査で提出したものも引っかかったような気がします。
3回目の提出・・・ってあったっけ?・・・忘れました。

晩御飯の時に両親に「尿検査で蛋白が出て再検査になった」というようなことを話したのを覚えています。
母は心配していましたが、父は大丈夫だという反応でした。
母は知らなかったのでしょう。そして父は知っていたのでしょう。
しかし父はそれ以上何も言いませんでした。私が反抗期だということもありましたし、性に関しては家族内ではかなりタブーです。私がそういう性格だからかもしれません。

尿検査前にオナニーをすると検査結果に異常が出るなんていう事実は成人後に知りました。
しかもネットで。
結局学生時代にそういう情報が自分に入ってくることはありませんでした。
それだけ「性」に対する情報が自分に入ってこなかったのです。
友人と「性」に関して語らうことが無かったのです。

 

今の時代ならネットから情報が手に入る

今の時代は性に関する情報はスマホで調べたらすぐに入ってくるんだからいい時代ですよね。
友達に聞くなんて恥ずかしくてできない!っていうシャイボーイでも、ネットとスマホがあれば何だって調べることができます。
尿検査前にオナニーするとよくないよ☆という情報も検索結果にすぐに出てきます。
なんて便利な時代になったんでしょう。
そういう意味では今の子たちが羨ましいです。

 

検尿検査前にオナニーはやめておいた方がいい

まだこの情報を知らなかった学生諸君へ!
「尿検査前にオナニーはしちゃいけないよ!!1日くらい我慢できるよね!?」
荒ぶる性欲を1日だけ我慢しましょう。

どうしても性欲を抑えきれずにしちゃった!という君。
しかたがないな。
朝一のおしっこはやめといて2回目のを提出すれば・・・。

 

先生が検査前にオナニーはしないように!って注意をすればこの問題は起きない

尿検査で「蛋白」で引っかからないようにする一番いい対策方法が1つある。
それは、検査機関からプリントを配るか、先生が注意喚起をするか。
今の学校で尿検査前にどのように説明があるのか私は知る由もないのだけれど、私の時代にはそういう説明は無かった。

尿検査のキットと一緒に、「男子は尿検査の前日夜には自慰行為はしてはいけません」という注意事項を謳ったプリントを配るとか、先生が「男子は前日の男の子の行為はしないようにね♪」という一言を添えてみたらいいのだと思う。

先生になりたての20代の女性教師にはなかなか口に出しにくい一言かもしれないが、是非頑張って頂きたいと思います☆

 

 

 

懐かしんで頂けましたでしょうか?(笑
そして今の時代は学校でどのように検尿を促されているのでしょうね?


それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

イオン系列の小さなデパートでTバックを販売しているか調査してきた件

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

以前、イオンにメンズTバックが売られているかどうか調査してきたよ!
というような記事を書いたのですが、1店舗だけじゃ寂しいので今回は2件目の調査をしてきました。

 

前回の記事はこちら
メンズTバックがイオンで販売されているか調査してきた件

t-back.hatenablog.com

 


今回足を運んだのは、前回のちゃんとしたイオンのようなところではなく、イオン系列のデパートといったような店舗です。
店舗自体の名前はイオンではありません。ですがイオンが入っていますし、イオンらしくテナント複合型の運営です。
片田舎にちょっとだけ大きめのお店を作ったよ☆というような感じの場所でしょうか。
説明が難しいです(汗

 

売り場調査

目指す売り場はイオンの衣料品売り場。
その中の紳士肌着のコーナーです。
テナントには目もくれず、まずはそこを目指しました。

メンズTバックを探すために一目散に下着売り場に向かう私。
なんという変態・・・紳士なことでしょうか(笑

肌着売り場を見つけました。
トランクス、ボクサーブリーフ。
売ってありますね。
お、ここのイオンでもブロスの特設コーナーが設けられているじゃないですか!
それだけブロスは有名なのですね!!
でもちゃんとしたイオンよりもスペース小さめでした。

まずは下着売り場を一回りしました。
うーん、私は見落としたのかな?もう一周してみようかな?

そうなんです。
Tバックが一枚も見当たらないのです。

2週目。
今度はゆっくり、見落としのないように下着売り場を見て回りました。
やっぱり無い。
ブロスの特設コーナーの中にさえ、ブロスのTバックが置いてありませんでした。

残念なことに、イオン系列の小さなデパートにはTバックが置いてありませんでした。
置いてあるのは至って普通のトランクスやボクサーブリーフなどでした。

 

店舗規模と地域性の問題

この店舗にTバックが置いてなかった理由を推察してみました。

1つは店舗規模の問題。
イオン系列であったとしても、片田舎に作られているデパートです。
それなりに集客力はありますが、それなり・・・です。
限定的な集客力になります。そして足を伸ばせば、前回調査に行ったイオンが存在しています。
大きな買い物をしたいときはそっちへ流れます。
この店舗は「日常的」にそこにある存在なのかもしれません。地域密着型ですね。
ということは、特殊な製品を置く必要はないし、置いても売れない。売れ残ってしまう。
売れ筋はスタンダードです。スタンダードな中での商品展開をしている感じです。
Tバックを扱っても売れないよ〜となってしまう可能性があるから、置かないという方針なのでしょう。

2つ目は地域性の問題です。
先に触れたように集客できる範囲がそれなりです。
限定的な地域におけるそれなりです。遠方からやってくるということはあまり見込めません。
いや、ほとんど無いといってもいいかもしれません。
規模は周辺市町村です。
大きなイオンは「県」をターゲットにできるので客層が広がりますが、ここはそうはいきません。
ロングテールなニッチな商品を扱えば扱うほど「在庫を抱える」という現象が起きてしまいます。
片田舎の中高年層が相手になってくるので定番商品を多く売ったほうが利益が見込めます。
田舎なので下着で冒険してみよう!という人も少数派でしょう(私の偏見w)。
真面目でおとなしい人が多い市町村なのです。

 

おわりに

今回の調査では少し残念な結果になってしまいました。
しかし、予想していた部分でもありました。
もしかしたら売ってないかもしれない、と心の中で願いつつも、赴いてみて現場を見たら、ある意味納得の結果ではありました。

次はどこへ調査に行こうかな?^^


それでは皆様、今日もよいTバックライフを♪

 

 

 

Tバックの似合う体への道のり

f:id:search_life_work:20171202223728j:plain

私は運動が苦手です。
苦手なので体を動かしたいと思うことがありません。
体を動かすことが楽しいと思えないのです。
どちらかというと本を読んだりなど、のんびり過ごしていることの方が好きです。

 

それとはまったく正反対で、体を動かすことが楽しい!汗をかくことが気持ちがいい!と感じる方も世の中にはいらっしゃいます。
私からすると信じられない感情です。
どうやったらそんな風に思えるようになるのかな?
持って生まれた性格なのかな?
なんて想像してたりしています。

 

しかし、ふと思い出しました。
私、子供の頃は短距離走が得意で、おもいっきり走れたときに「きもちいい!」と感じたこと、ありました。
中学生のころは、自室で筋トレしたり友達とランニングしたりしていました。
そう、あったのです。そんな時代が。


それが年齢を重ねるにつれ、運動をしなくなり、体を動かさなくなったのでさらに運動の機会が減り、体力も減り、筋力も減り、体を動かさなくなり・・・。
体を動かしても疲れるだけだと、スポーツを毛嫌いするようになりました。
特に球技と水泳が苦手です。


本当は答えはシンプルなのです。
「健康な肉体があれば(元気に動き回るエネルギーがあれば)体を動かすのは楽しい!」
ということなのです。

競技ができなくてもいいんです。
何らかの自分に合ったアクティビティが楽しめればそれでいいんです。


私は運動嫌いな上に精神も長年病んでいたので本当に会社と自宅の往復だけで休みは寝ているとかパソコンやっているとかそのような感じでした。
心が疲れていると休息を求めます。
体を動かそう!なんていう気持ちになるわけがありません。
無理に体を動かしても疲れ切って寝込んでしまいます。
それだけエネルギー量が少ないのです。


しかし、ここのところやっと。
やっとのことで精神が上向き加減になりました。
このまま良い調子になれると良いのですが、まだまだ落ち込むことも多いといえば多いです。

 

今年の秋くらいから軽めのストレッチを日々の生活に取り入れたり、微妙な変化も生まれてきました。
筋トレはちょこっとやり始めたら、またやらなくなっってしまいました。
習慣化は難しいです。

でも、もう年齢的に20代のような若い体ではありませんので、意識的に健康に気を使わなければ体は早く朽ちます。
デスクワークなのでもともと筋力は低め設定です。

 


さぁ、体を作ろう!
体が出来上がれば筋肉からエネルギーが生まれ、そのエネルギーは心も強くしてくれる!!

 

 

これ、結構正論だと思うんです。
ガッツリ体育会系のノリは好みじゃありませんが、文系の私でも肉体って大事だよなって今になって思うようになりました。
これまで全くと言っていいほど、口だけの「体づくりは大事だよね」だったし、それで続かなかった訳ですが、体に自信がつけば心にも自信が生まれることもある!ということがなんか腑に落ちるところがあって、もしかすると私の体づくりの原動力になるんじゃないか?という予感があります。


もちろん目的はTバックの似合う体作りです。
Tバックをカッコよく穿きこなしたいという願望があるからです。

カッコよく穿けたら自分に「よしっ!」って思えるってことです。
それって自信につながると思うんです。
自分に自信が持てなかったメンズが、Tバックがきっかけで体づくりに成功して自分に自信が持てるメンズになっちゃった!なんてことになったらとても素晴らしい気がしませんか?

メンズTバックを使った壮大?なメンタル強化プロジェクトです。

ということで、1つ体力づくり用のコラムのカテゴリを増やしてみました。
アクティビティ系の報告はこちらのカテゴリに綴っていこうかなと思います。
よろしくお願い致します。

 

それではみなさま、今日も良いTバックライフを♪
そして2017年、最後の1か月悔いの残らないようお互いに頑張りましょう☆

 

 

聖夜にオススメなメンズTバック!夜のお楽しみの時にどうぞ♪

f:id:search_life_work:20171116225219j:plain

 

先日の「彼氏へのクリスマスプレゼントにメンズTバックはいかがでしょうか?」の続きの記事になります。

t-back.hatenablog.com

 


メンズTバックを普及させるためには女性に広く知ってもらい認めてもらうことが大切だと考えた私。
一年の中で一番彼氏と彼女がイチャイチャする日を狙っていこうと思います。
そう、それはクリスマス!!

男性がTバックを穿いて挑んだら女性に引かれた!なんていうエピソードもあるので、逆に!
逆に女性から男性に対して、「今日はこれ穿いてみてよ(ニコッ」ってしてみて欲しいのです!
そしたら男性も穿いてくれるに違いない・・・違い・・・ない?
頑固な男性はちょっと嫌がる??

いや、そこは彼女の頑張りで男性をその気にさせちゃいましょう(笑

お互い楽しい時間が過ごせたら、男性も「こういう下着も悪くないな」って思えるはず!
そしたらメンズTバックが好きになっていくかも!
というわけなんです。


そこで!
クリスマスにカップルで楽しめるようなメンズTバックを私の独断と偏見で、見た目の雰囲気を参考に幾つかチョイスしてみましたので、夜の時間に楽しんで頂けたらと思います。
「本当のプレゼント」は別で用意していると思いますので、こちらのTバックはあくまでも「サポートプレゼント」という感じで^^

 

 

色っぽさを演出するシースルーのTバック

クリスマスの夜なので、気の知れた仲の深い男女は少しいつもと違う演出をしてみるのも楽しいと思います。
いつもは真面目な下着のパートナーに、スケスケの刺激的なメンズTバックは如何でしょうか?

 

 

スマートに気品あるエロティックを体験したいときに

彼氏や旦那さんが真面目で頑固なタイプの時は、あまり過激なTバックに走らずに、落ち着いた雰囲気のあるTバックが良いと思います。
そんなときは少し高級感を漂わせて、男のプライドをくすぐってあげると良いと思います。
・・・といいつつ、下の3つのうち、一番上のは私の趣味でPOP感あるものを選んでしまったという・・・。

(オム)HOM ストリング 40-2204 020 ピンク M

(オム)HOM ストリング 40-2204 020 ピンク M

  • 出版社/メーカー: ROY-NE CO., LTD.
  • 発売日: 2015/10/15
  • メディア: ウェア&シューズ
 
(オム)HOM ストリングス 40-2209  ブラック M

(オム)HOM ストリングス 40-2209 ブラック M

  • 出版社/メーカー: ROY-NE CO., LTD.
  • 発売日: 2016/03/23
  • メディア: ウェア&シューズ
 

 

 

斜めの方向からTバックぞうさんパンツでエロティックに楽しむ

変化球のTバックになります。
二人の時間を楽しむのなら、こういうのもありだと思います。

ですが1つ注意です!
初めて二人の夜を過ごすときには使ってはいけませんよ!!
ロマンスがぶち壊しです!!

お互いが分かり合えている仲でならこういうのもアリだよ♪というチョイスです。

 

(ティーエムコレクション)TM Collection SMF ゾウさん Tバック 557840 012 ベージュ M

(ティーエムコレクション)TM Collection SMF ゾウさん Tバック 557840 012 ベージュ M

  • 出版社/メーカー: TM Collection
  • 発売日: 2017/05/08
  • メディア: ウェア&シューズ
 

 

 


いかがでしたでしょうか?
今回ご紹介したメンズTバックはごく一部ですので、ネット通販などで探してみて「これだ!」というものをプレゼントしてみてくださいね☆
楽しいクリスマスになることを願っています^^

 

あ~、私もプレゼントされてみたい(笑
それでは皆様、今日もよいTバックライフを♪

 

彼氏へのクリスマスプレゼントにメンズTバックはいかがでしょうか?

f:id:search_life_work:20171116225219j:plain

女性にメンズTバックのことをもっと知って欲しい。

そう思うようになりました。

それは「近道」だと思ったからです。

「メンズTバックが社会的に認められるようになること」の。


メンズTバックのことなので、「男性だけが知っていて、男性だけが使えていればいい」という考えはあると思います。
むしろそれが普通だと思います。
女性だって「女性のTバックのことは、女性が知っていればいい」というはずですもんね。
そして実際に男性は女性のTバックのことはほとんど知らないんじゃないかと思います。パートナーが穿いているのを見るくらいでしょうか?

ですが、それは女性のTバックがメジャーだからです。
メジャーなので、使う人だけが知っていれば別に問題ないのです。
もう広まっているのだから。

メンズTバックはどうでしょうか?
男性の中でも限られた人しか穿いていません。
まだまだマイノリティーな存在だと思っています。
女性からみた男性のTバックの好感度はどうでしょうか?
ここに「80:20」の法則を勝手に当てはめるなら、
女性からみた男性のTバックが嫌い=80%
女性からみて男性のTバックは受け入れられる=20%
というような感じでしょうか?
私の勝手な想像です。
※女性にの皆様にアンケート実施中です☆是非よろしくお願い致します!!
アンケート:女性のTバックに対する意識調査


結婚している男性の方は、奥様に下着を買ってきてもらう。
ということが少なくないようです。
紳士の下着売り場でも女性の姿はよく見かけます。
(女性の下着売り場に男性がいると毛嫌いされるのにねw)

言ってしまえば「男性がどんな下着を穿くのかは女性の感性が握っている」ということです!
女性が、「それダサい!」と言ってしまえば、それを穿いていた男性のプライドは折られ「それ以降穿くのをやめて」しまいます。
いくら男性本人が気に入っていたとしても、女性に嫌われてしまっては報われません。
女性にカッコイイと思ってもらいたいから穿いている人だっていることでしょう。

私は女性から男性にTバックを進めて欲しいと思います。
そしたら彼氏や旦那さんだって1度は穿いてみようとするはずです。

決め台詞はこうです。

私がカッコイイと思う下着を買ってきたわ!!あなたこれ穿いてみてよ!!!
そして穿いてくれたら喜んであげるのです。
指差して笑ってしまったらバカにされたと感じるので逆効果ですよ!
これでパートナーとの新しいコミュニケーションが生まれます。
そしてメンズTバックが普及します。

女性が理解を示している上で、男性が実行するという行為。
こんなにスムースに流れる普及方法がこれ以外にあるでしょうか!?
いや、ない!!(熱血

というわけで、今年のクリスマスプレゼント。
彼氏や旦那さんにTバックをプレゼントしてみてはいかがでしょうか??


おすすめTバック、今度コラム書きますね☆
よろしくお願い致します。

 

それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

新しいTバックを買ったら、穿く前に最初にしておくこと。

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

Tバックに興味のある紳士淑女の皆様、ごきげんよう
Tバック男爵です。

このブログを見てTバックの購入に踏み切ったよ!
なんていう方がおみえになりましたら光栄でございます。

皆様は、購入したばかりのTバックを穿くとき、どのようにされていますか?
今回は我流ではありますが、私が新しいTバックを購入したときに行っている作法のようなものをまとめたいと思います。
半分ジョークのようなものですので、気軽に読んでいただけたらなと思います(笑

 

1.お風呂に入って体を綺麗にすること

まず間違いなく最初にやっておきたいのはこれです。
身を清めておきましょう。
だってせっかく新しい下着を買ったんですもの。
体が汚れた状態で穿きたくはないはずです。
体をきれいに洗ってから、新しい下着の感覚を身も心もプレーンな状態で感じましょう。

 

2.ムダ毛のお手入れをすること

ムダ毛の処理については個人差があると思いますので、ここはすっ飛ばす方もおみえになると思います。
私も最初はしていませんでした。
最近になって(Tバックを穿くようになって1年後くらい経過し)少しだけ処理をするようになりました。
ハミ出さないように、周辺だけすこし処理をしています。
ムダ毛の処理については今のところ下記コラムを宜しくお願いします☆

メンズTバックを穿くときのムダ毛のお手入れについて

t-back.hatenablog.com

 

3.穿く前のドキドキ感を味わうこと

これもとても大切です。
欲しかったものを手に入れた時のドキドキ感やワクワク感。
そして自分がこれから変わるんだよっていうドキドキ感やワクワク感。
そんなプラスのエネルギーが心の中を満たしてくれると思います。
自分を認めてあげて、自分を肯定してあげましょう。
Tバックを穿くことに後ろめたさは必要ありません。
自己肯定感の低いそこのあなた!!(あ、私のことだった)
心を前向きにTバックを穿きましょう!

 

まとめ

新しいTバックを購入したら、穿く前にこの3つはやっておきたいですよね!
気持ちも装いも新たにフレッシュな時間を楽しめると思います。
ぜひやってみてください☆
いずれここにスキンケアの項目がプラスされることを夢見ています。

 

それでは皆様、今日もよいTバックライフを♪

 

 

 

Tバックを穿いて健康診断に行ってみた

f:id:search_life_work:20170811185120j:plain

Tバックを穿いて行きにくい場所の1つに「病院」が挙げられますよね^^

今日はTバックを穿いて「病院」へ行ってきました!
何故病院へ行ったのかと言うと、それは「健康診断」の為でした。
特に病気をして行ったわけではないので、Tバック男爵は今日も元気です(笑

 

Tバックを穿いて病院に行くことは恥ずかしくない

Tバックを穿いて病院へ行くことは恥ずかしいという意見が多いです。
なぜ恥ずかしいと感じるのか。
それは診察の時に見られてしまうことが恥ずかしいということに他ならないと思います。

病院という性質上、そこに集まるのは病を抱えている方が多いはずです。
そんな中、Tバック!なんていう元気印を穿いているわけです。
病んでいるのか元気なのか分かりません。
いや、むしろ元気です。

そしてTバックを穿いていることがバレるのが恥ずかしいという意識になってしまうということは、あることを「自覚」しているのです。
Tバックがメジャーではないということを。
世間的には「恥ずかしい」と思われてしまう下着だということを。
自分自身がTバックを穿いていることに負い目(ちょっと言葉が違う気もします)を感じているのです。

みんなと同じ目では見られない、見てもらえないということを理解しているが上の「恥ずかしさ」だと思うのです。

 

もし周りの人全員がTバックを穿いていて、一人だけトランクを穿いていたとしたら。
トランクスを穿いている人は恥ずかしい思いをすることでしょう。
そういうことなのです。

 

しかし現実にはマイノリティーなメンズTバックです。
いきなりTバックを穿いて病院に行くなんていうことは恥ずかしいことだと思います。

 

でもよく考えてみてください。
今日の診察で下着を見られてしまう機会はありますか?ということを。
下着を晒さなければいけない診察なんて限られていると思います。

 

つまり、それ以外のケースではどんな下着を穿いていたとしても病院に行くことは出来る!ということなのです。
見られることがなければ恥ずかしくないでしょう??

 

そう。例えばこんな下着でもね。

ジョークです。

 

というわけで、今日私はTバックを穿いて健康診断へ行ってきたということです。
さも当然のごとく、病院での立ち振る舞いは完璧でした。
このくらいのことならTバック生活も板についてきました^^

 

Tバックを穿いて病院に行くのが恥ずかしいケースは下着を見られるかどうかにある

「見られちゃうと恥ずかしい」
ここなんですよね。問題は。私もまだ未経験の領域です。

病院で下着姿にならなければいけない状況はどういう場合があるでしょうか?
男性の場合ですと

 くらいでしょうか?
パッと思い浮かんだのはこの2つです。
足の付け根の骨の異常とかだと外科とかも含まれるかもしれませんね。

ですが、機会としてはそんなに多くないような気がします。

如何でしょうか?

つまり、これ以外のケースならばTバックを穿いて病院は行ける!という結論になるわけです。

 

女性の場合はTバックを穿いて病院に行くのは恥ずかしいかもしれない

女性の場合は男性よりも「恥ずかしい」という気持ちが強いかもしれません。
診察も男性同様、泌尿器科内視鏡検査の時は恥ずかしいというのがあると思いますが、女性の場合はそれにくわえて婦人系の診察の時も恥ずかしいと思います。

また、医師が男性だった場合、「どう思われるか」を気にしてしまうと思うので、より「恥ずかしさ」が強く感じるのでは?と思います。

もちろん医師なので仕事としてそれをしている方がほとんどです。
「向こうも仕事としてみているのだから私も気にしない」という方も多いでしょう。
 ですが全員ではないのです。
たとえ相手が医師であったとしても見られるのは恥ずかしいと思う方だっているはずです。

女性同士の方が安心という方もみえると思います。

ですので、女性にとってもTバックで病院へ行くという行動は実はハードルが高いのでは?と、想像しています。
みなさんは如何でしょうか?

 

まとめ

男性も女性もTバックを穿いて病院へ行くということは出来る!という結論に至りました。
ただし、ハードルが存在していて「診察の時に下着を見られてしまうかどうか」が鍵となります。 
診察で下半身が関係なければ普通にTバックを穿いて病院に行けますが、下半身の関係で診察がある場合、自分のTバック姿を晒すことになるのでそれに耐えられるかどうか、というのがポイントです。

 

その壁、乗り越えられますか?^^

 

 

今回はこんな感じのコラムでした。
それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

ノーパンのリラックス具合が病みつきになるというお話

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

以前の記事でこのようなことを書いたことを覚えていらっしゃるでしょうか?
もし「この記事を初めて読むよ」という方は、まずはこちらを読んで頂ければ幸いです。
意外と快感!ノーパンにステテコというスタイル。

t-back.hatenablog.com

 

そう、これは今年(2017年)の夏のことでした。
私はこのノーパンにハーフパンツ、もしくはノーパンにステテコというスタイルが物凄く開放感があって気持ちが良いということに気がついてしまいました。

何も穿いてないからこそ味わえる開放感、リラックス感。
ストレスから解放してくれるような感じすら受けました。
特に就寝時(睡眠時)にノーパンスタイルでいることの楽さは病み付きになってしまいました。

私はTバック生活とノーパン生活の2足藁を履くことになったのです。

それでは2017年11月現在の私の生活スタイルをご紹介したいと思います。

 

ノーパン生活の今の私

ノーパンがとてもリラックス出来ることを知った私は、お風呂上りから翌朝までは基本的にはノーパンにハーフパンツか、ノーパンにステテコで過ごしています。
時々お風呂上りにもTバックを着用することもあるのですが、その頻度が少なくなってきました。
穿くとしても緩めに穿けるTバックを選んでいます。
夜は締め付けられないスタイルが気持ちがいいです。

これから寒くなる季節です。
さすがにハーフパンツやステテコは厳しくなってきました。
暖かめのトレーニングパンツ?スウェットパンツ?にノーパンというスタイルでも、もしかしたら大丈夫なのかな?と思い始めています。
今試し始めているところです。

 

Tバック生活の今の私

夜寝ているときはTバックを穿いていない事が増えてきました。
寝ているときはノーパン確率高いです。
Tバックを穿くタイミングとしては、朝起きて、ご飯を食べてそして身支度を整えるときに「さて!今日は何色の、どういうタイプのTバックで行こうかな?」と下着選びを楽しみます。
間違いなく下着ライフを楽しんでいると自分では思っています。

毎朝、今日はこれで行こう!と決めたTバックと1日を過ごします。
下着に足を通すとき、気分の良さを感じます。
当たり前であって当たり前でない、そんな毎日です。

 

Tバックを穿き始めて2回めの冬がもうすぐやってきます。
今年はどんな冬になるのでしょうね。
楽しみです。


それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

コスパの高いHonelのメンズTバックを追加購入しました

少し前のメンズTバックのレビュー記事で高コスパのメンズTバックがありますよ!みたいな記事を書きました。

t-back.hatenablog.com

 

この記事の末尾にLサイズも気になったので購入しました☆というような一文を書いて締めくくりました。

 

気長に到着を待っていたところ、ふらっとそれは届きました。
到着まで2~3週間程度かかるので本当に気長に待っていないと、全然届かないんだけどどうなってるの!?ってイライラしてしまうと思います(笑
中国からの発送ですからね。国際郵便ですからね。
深呼吸して待ちましょう☆

 

いやー、待ちました。
待ちましたよホント。
そしてHonel2枚目です。

前回はMサイズを買いましたので、今回はLサイズを購入しました。
サイズ違いですのでその穿き心地などを書くことが出来たらなと感じています。

 

開封の儀

 

f:id:search_life_work:20171026211535j:plain

色はグリーンを購入しました。
実際の商品を見てみると、ライムグリーンと言いますか、薄い黄緑と言いますか、繊細な緑色をしています。
優しい緑色ですね。

パッケージから取り出してみましょう。

f:id:search_life_work:20171026211718j:plain

程よい生地の薄さとさらさらの肌触り、良いですね^^
安定感があります。

f:id:search_life_work:20171026211831j:plain

ちゃんとTバック。シンプルに。

前回購入した赤色と並べてみました。

f:id:search_life_work:20171026211928j:plain

写真だと分かりにくいですね。
若干グリーンの方が大きくなっています。
重ねてみたら、「あー、確かに少しサイズ大きくなったなぁ」という具合でした。
そんなに変わらないのかも?なんて思っていましたが・・・。

 

MサイズとLサイズの穿き心地の違い

Mサイズの方はキュッっと締め付けてくれて身も心も引き締まる心持でした。
しかもジャストフィットで非常にピッタリくるTバックでした。
では今回のLサイズはどうだったのか!?

ゆるやかにフィットしてくれました。
並べて置いたときはそんなに違わなかったのに、穿いてみたら全然違いました。
生地の伸縮性はとても良いのでちゃんと包み込んでくれます。
上向き収納ももちろんできるので蒸れることはありません。
Mサイズの時のようなキュッとなる締め付け感は全然ないので、逆に何も穿いていない感じを楽しむことが出来ました。
ものすごく自然な穿き心地です。

自分的にはMサイズの赤色を勝負下着。
Lサイズのグリーンを日常使い、という感じで分けて使おうかと思いました。

 

しかしこのTバックが自分の体に丁度良く合う感じなので、初期の頃に買ったTバックで評価高めにしていたものを、順位を下げなければならない感じです。

 

Tバックの世界は奥が深いです。

 

それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪

 

 

勃ちやすい体質が旅行を遠ざける。

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

さて、私の以前のコラム
第二回 Tバックを穿いて行きにくい場所へ行ってみた「温泉編 その2」
で勃ちやすい体質であるということを書きました。

t-back.hatenablog.com

 

今回のコラムではそこのあたりをもう少し掘り下げていってみたいと思います。

 

男である以上「勃起」はする

生物学的に「オス」として生存している私です。
そして生物学的に「メス」が好きな存在です。
つまり男である以上「勃起」をする生き物なのです。
それだけはどうしようもなく変えがたい事実なのです。

ただし、どういうときに勃起するのか、とか、どのくらいの刺激に対して勃起をするのかは本当に個人差があるので難しい問題です。
勃ちやすい体質の人もいれば、勃ちにくい体質の人もいるということです。
そして私は「勃ちやすい」タイプの人間だと思います。

 

生理現象が「悪いこと」「恥ずかしいこと」であるという解釈

性に対しての知識が入り始めるのは小学校の中学年ころからです。
高学年になると二次成長期に関して学ぶと思います。
学ぶのですが。。。なんと言いますでしょうか。
とても異質なものを聞くというか、タブー視されていることを知ってしまったというか、ある種の罪の意識のようなものが生まれます。
「性に関する知識=罪」という等式が成り立つわけです。
大切な知識のはずなのに「ダメなこと」という矛盾の意が含まれた禁止です。
もちろん照れや恥ずかしさもあるでしょうし、また受け入れるまで時間のかかる知識だったのかもしれません。

そういう知識が入ると、お調子者タイプの子は「からかい」始めたりします。
私は真面目でおとなしいタイプを通してきたので、そういうグループには属しませんでしたし、我関せずでいました。
「いじられる」ことに対して、どう受け流すのかが分からないのでそうするしかなかったのでしょう。

しかし、そういう知識を仲間内で軽い感じで受け流せず、独りでしっかりと真面目に受け止めてしまうので、「より罪深いもの」であり「より恥ずかしいもの」へと昇華されていきました。

 

恥ずかしがり屋、小心者、という性格がさらに輪をかけた

もともとの私の性格が「恥ずかしがり屋」で「小心者」のビビリです。
そこに性の知識が入ってきて「恥ずかしいもの」とか「触れてはいけないもの」という解釈がなされてしまったのですから、そういう話を口に出すことすら難しくなります。
思春期に仲間内で恋愛の話はすることはありましたが性の話をすることはありあせんでした。
自分からそういうことを話すことが恥ずかしかったですし、それをネタにいじられたり、暴露されたりするのが怖かったからです。

 

見られたくないから一緒にお風呂に入れない

学生時代、避けて通れないものに研修旅行や修学旅行がありますよね?

小学5年生のときです。
林間学校のようなものがありまして、当時の私は毛が生え始めてきていたデリケートな時期でした。
「見られたくない」「茶化されたくない」という思いが先立ってしまい、体調悪いフリをして皆んなで入る入浴をサボるという手段に出ました。
「どこの女子だよ!」と突っ込まれそうですが、そのくらい私は小心者なのです。

6年生ともなると生えてくる子も結構いたので、修学旅行は普通に乗り切りました。
以降、学校行事のお風呂は入れるようになりました。
サボったのはその1回だけでした。

 

なるべく平静を保つようにはしている

されども体質的には勃ちやすい体質をしています。
それは子供のころから変わりません。
ですので、修学旅行の時であっても、なんとか大きくならないようにと物凄く神経を使いました。
ち○このことを考えれば考えるほどヤバくなります。
平静を保つためには意識をそらさねばなりません。苦労しました。

 

なるべくなら友人・知人とはお風呂に入りたくない

社会人になったとしても大人の付き合いというものもあります。
しかし、ありがたいことにこれまで私の勤めた会社では社員旅行というものがなく、同僚と一緒にお風呂に入るなんていう機会はありませんでした。
物凄く恵まれていました。
平常時のものを見られるのは良いのですが、大きくなった時のを見られるのは抵抗があります。

また長年の友達と旅行に行く時なども、お風呂や温泉は付きものです。
なるべく時間差をとったり、冷静でいられるように意識を飛ばしたりしながらなんとかやり過ごして来ています。

 

一人でお風呂が一番安心する

一番良いのは独りでお風呂を楽しむ時です。
大きくなろうが構いません。普通にお風呂が楽しめるので満足です。
そう、私はお風呂(温泉)が好きなので、本当は温泉とか行きたいんです。
ですが、大きくなってしまったらどうしようということを考えると行けなくなってしまいます。
この勃ちやすい体質、本当にどうにかならないものだろうか?と思います。
勃起しやすい体質&恥ずかしがり屋な気質が私を旅行から遠ざけています。

 

 


今日は私のこんなお話でした。
皆さんは勃ちやすいですか?それとも何ともないですか?
もし温泉(公共浴場)で勃ってしまったらどうしていますか?
勃っている人見たことありますか?普通のことですか?
私にはその辺の一般的な知識がありませんので、教えて頂けたら幸いです。

 

それでは皆様、今日も良いTバックライフを♪