読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Tバック男爵がメンズTバックについて語るブログ

男だってTバックを穿いて楽しみたい!

なぜ男のTバックは女性ウケしないのか??

f:id:search_life_work:20170304182624j:plain

ある日、私はメンズTバックに対する女性のイメージを調べるためにネットで検索をしていました。
そこで印象的に残ったお話を一部抜粋してご紹介してみたいと思います。

ーーここからーーーーー
男性Aさんは意中の女性とデートをしていました。
楽しく食事をし、デートもいよいよ終盤。
ホテルで大人のコミュニケーションを取ろうとしていた時でした。
Aさんは彼女の前にTバック姿で現れました。AさんはTバック愛好家でした。
その姿をみた彼女は引いてしまいやる気をなくしてしまったそうです。
Tバックを穿いている男性なんて無理だと。
ーーここまでーーーーー

下着1つで女性との関係が終わってしまうこともあるのです。
それほどまでにメンズTバックは女性から嫌われてしまうものなのでしょうか?
私は過去に「トランクスを穿いている男性はダサくて、そんな人としたくない」という記事も読んだことがあります。
Tバックも嫌、トランクスも嫌、だったら何がいいんだ!?
間をとってボクサーブリーフか?
それとももうノーパンで過ごせということなのでしょうか?

 

女性は男性の下着姿に対してもシビアでわがままな感情を持っています。
最終的には個々の女性の価値観や許容度に委ねるしかなくなってしまう部分もあるのでしょうけれども、自分が好きなもの(この場合Tバック)を否定されてしまうのは、自分の一部を否定された気持ちになってしまうので、男性からみてもこの女性は自分を受け入れてはくれないのだなと、ショックを受けてしまうと思います。

 

今現在、私自身彼女はいませんので、どういう反応をされるのか計り知れませんが、このようなエピソードを知ってしまうと、意中の女性に対してメンズTバックの愛好家であることをカミングアウトすることはなかなかハードルの高いことなのかもしれないと危機感を覚えます。
笑って受け入れてくれる女性と出会ってみたいものです。

 

今回のエピソードは極端なものだったのかもしれませんが、それにしても「メンズTバックは女性ウケが悪い」という世間の風潮はあると思います。
なぜ、メンズTバックは女性ウケしないのでしょうか?

 

 

メンズTバックのアブノーマル感

女性のTバック姿はセクシーです。
男性からみたら色っぽいし、女性同士でも惹かれるものがあるみたいです。
もちろん嫌いな人もいると思いますけれど、メンズTバックに対しての偏見の目に比べたら大きな差があります。

何故そんなにもメンズTバックに対して偏見の目があるのでしょうか?
書くまでもないかもしれませんが「男性のTバックが一般的でないこと」が大きな原因だと思います。

 

女性のTバック姿ってあらゆるところで目にしませんか?
彼女やパートナーがいる方は美しいその姿を愛していることでしょうし、彼女やパートナーがいないとしてもグラビア雑誌やイメージビデオなどあらゆるメディアで女性のTバック姿を見ることでしょう。
女性のTバック姿と男性のTバック姿とでは圧倒的に女性のTバック姿の方がメディア露出が多いのです。
メディア露出が多いということは、それだけ目にする機会も多いということですし、慣れてくれば普通になります。それはもう受け入れることが出来ているということを指すわけです。


たとえTバックを穿くことが嫌いだったとしても「穿いている人もいるよね」という認識が出来上がっているということです。

 

ではメンズTバックはどうでしょうか?
メディアで見るでしょうか?そもそも男性のグラビア誌などは目にしません。
あるのかもしれないけれど、それこそ男性の体が見たくてそういう雑誌を手にとるというケースは人口としては少数派だと思います。
圧倒的な差でメンズTバックはメディア露出が少ないので、一般の目に触れない現実がアブノーマル感を強く出しています。


別の例で見てみましょう。
Tバックを買うときはどこで買いますか?
お店で買いますか?ネットで買いますか?
女性のTバックはお店の下着のコーナーへ行けば大概手に入るような気がします。もちろんネットでも販売されています。
では男性のTバックはどうでしょうか?
お店に売ってありますか?
残念ながら、今の所私はお店で見かけたことがありません。(住んでいる地域にもよるかもしれませんが)
私はメンズTバックの購入はネットオンリーです。

お店に置いていないということは「購入率が低い=売れない」からですよね?
そう、まだまだメンズTバックを購入するメンズが少ないのです。
メンズTバック人口が少ないですので、やっぱり一般的ではありません。

 

メンズTバックに対する世間的なイメージ

先にも少し触れたように、Tバック姿というのは女性ありきのものになってしまっています。
グラビアなども男性をターゲットにした性的な意味合いのもののほうが強いです。
女性が自分自身のために楽しむTバックもとても華やかで美しい宣伝広告がされています。

女性のTバック姿は「美」という観点からみても世間的に受入れてもらいやすいものだと思います。
そしていくらかの受け入れてもらえる土壌がすでにありますよね。

 

世間的に受け入れてもらえていないメンズTバックに対する女性の反応はどうなのででょうか?
他記事にも少し書いたかもしれませんが、下記のようなイメージを持っていることが多いです。

  • きもい
  • ナルシスト
  • エグい
  • 変態
  • ガツガツしている
  • 常にエロい
  • 似合わない
  • 見たくない
  • 引く

(ネット調べ)

マイナスなイメージばかりで、受け入れてくれるような反応を示すものがほとんどありませんでした。
「男性がTバックを穿くだって!?」と、嘲笑の的にさらされることもあることでしょう。

 

もしこのブログを読んでみえる方で女性の方がいらっしゃいましたら私は質問してみたいです。
そしてコメントを残してもらえると嬉しいです。
「あなたは男性のTバックに対してどういうイメージを持っていますか?」
「男性のTバックを受け入れることができますか?」
と。

 

女性に受け入れた貰う為にはどうしたらいいのだろうか?

女性にメンズTバックを受け入れてもらうためには一体どうしたらいいのだろうか?ということを考えたとき次の5つが思い浮かびました。

紳士であること

まず1番大事なことはこれだと思います。ガツガツしたエロさが出てしまっては意味がありません。清潔で紳士であることが一番大事だと思います。
「しっかりしている」ことは人間的な魅力そのものにつながります。

 

メンズTバックが一般的になること

2つめは一般的になること。これが一番時間がかかることかもしれません。
メーカーとしても売れないものに広告費を出すことはできません。
売れる見込みがあるものや、新商品で試してほしいものに広告費を投じます。
果たしてメンズTバックは広告を打ち出して買う人がたくさんいるのだろうか?
躊躇するところですよね。
でも売るためには売れる土壌を作ることも大事です。
それが「メンズTバックも普通のことだよ」という認識になってもらうことです。普通のことになってしまえば購買に対する抵抗値も低いです。
まずはメディア露出です。
さぁ!メーカーさん!出番ですよ!メンズTバックを一般的なものにしてください!!(笑

 

ファッションとしてのメンズTバックが確立すること

Tバックが実はとても機能的で穿きやすいものだよ、ということを知っている男性が世の中にどれくらいいるのでしょうか?
自分も穿いてみるまで知りませんでした。
そう、知識がないのです。良さを知ることが出来ていなかったんです。
Tバックと聞くと性的な意味合いばかりが先行してしまいますが、実際に穿いてみると実感するのが「あ、穿きやすいじゃん」ということです。
もちろん最初は物凄い違和感を感じますよ?でもちょっと我慢して続けてみてください。
この軽快な感じ、もう手放せなくなりますよ?

そしてTバックのもう1つの魅力はオシャレだということです。
男性下着って地味なイメージが付きまといます。
いつも同じような模様だったり色合いだったり。
つまらないですよね?
ですが、Tバックはスタイリッシュです。
これはもうファッションとして広まるべきだと思うのです。

 

一般人が穿いていても違和感を感じない文化的土壌が成熟すること

4つめ。一般人が穿いていても違和感を感じない文化的土壌が成熟すること。
「芸能人の方でメンズTバックを穿いていらっしゃる方もいるよ!」とこのブログにコメントを残して頂けたことで私も勉強になりましたが、芸能人の方が率先して穿いていらっしゃることで、やはり世間に与えるインパクトが違うと思います。
頭のどこかにメンズTバックというワードも残ることだと思います。
もしその芸能人の方に女性ファンがいたとしたら?
男性がTバックを穿くこともあるのだなという認識が生まれます。
そう、つまり「男性がTバックを穿くこともある」という価値観が生まれれば、「うん、普通だよね」ということになっていくと思うのです。

 

女性にとってメンズTバックが「見慣れたもの」になること

最終的にはこれにつきます。
ここまでくれば男性下着のチョイスの1つにTバックがあるという文化が定着していることでしょう。


この5つがクリアできればメンズTバックも受け入れてもらえるのではないかと思います。

 

 

男性同士でも奇異の目で見られることもある

残念なことに、女性に受け入れてもらえるどうこうの前に、男性同士でも奇異の目でみられることもあります。
それがTバック愛好家にとって「公共浴場」や「病院」などにTバックを穿いて出かけられないという心理を生み出します。
男性の下着社会においても、まだまだメンズTバックはコアな存在なのです。
こちらの土壌も耕していきたいものですよね。

 

Tバックを穿いている男性と、女性の価値観のギャップ

いろんな事情はあるけれども、今現在のこの状況で女性に受け入れてもらうことができなければ、今を生きているメンズTバック愛好家の男性にとってはパートナーに受け入れてもらえないことは大問題です。
男性としてはメンズTバックの良さを知って穿いている訳だし、穿いている自分を相手に受け入れてもらいたいとも思っている。
女性側としては男性がTバックを穿くなんていう知識や認識がないので(ましてやパートナーが)、そのギャップに感情が追いつかなくて「いや、やめて」ってなってしまう。

ギャップが埋まれば抵抗感が少なくて済むはずです。

 

このギャップを埋めるテクニック。
【急募】成功事例、失敗談求む!!!

 


※途中から疲れ始めてへんなテンションで書き上げたので文章が読みにくかったらゴメンなさい。個人的に2時間掛かりの大作記事になりました。4300程度の文字数です(笑。

長文を読んで頂きましてありがとうございました。

 

 

 



広告を非表示にする